tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

Cities:Skylines観光案内

Cities:Skylines観光案内

Cities:SkylinesはTransport Ferverとは違ってとっくの昔からメジャーすぎるので、わざわざ専門館を立てても誰も来ないと思うのでここでネタを全部吐き出してしまいます。

「幻想郷」概要
20180709060519_1.jpg
20180709060548_1.jpg
20180709060553_1.jpg

この人口7.6万人の小さな街である「幻想郷」は、東の木材の生産と加工を中心産業とする「須賀土呂町」、
巨大住宅街である「野獣町(のけものまち)」、市内の政治中枢である「岡山県庁」、
二基のゲイ子力ハッテンと無数の石油発電所を所を擁する工業地帯、南方の「ドバー国際空港」、
そして西部の「補藻美半島」からなっています。

東部案内

永遠亭
20180709070925_1.jpg
▲須賀土呂町にある。周囲は竹林ですらないが、とりあえず木がいっぱい生えていて雰囲気的に落ち着くのでここを永遠亭にしたようだ。

岡山県庁
20180709055508_1.jpg
▲政治中枢である岡山県庁。新しく当選した県知事の前職は土木作業員で、スカトロマニア。

博麗神社
20180709055724_1.jpg
▲博麗神社。元の博麗神社は県知事にクソまみれにされてしまったので、霊夢がドバー国際空港前の一等地を不法占拠して新築した。

白玉楼
20180709055746_1.jpg
▲毎日、幽々子のおやつを運ぶためにトラックが殺到し大渋滞を起こす。右手に見える先っちょの曲がった高層ホテルは「有頂天ホテル」。

ドバー国際空港
20180709055658_1.jpg
▲一見何の変哲もない空港だが、向かいにテポドンの発射実験場がある。

テポドン発射場
20180709071131_1.jpg
20180709030047_1.jpg
▲二年に一回ほど、街の記念行事としてテポドンの発射実験が行われる。
市の広報部によると、このミサイルは都知事自らが搭乗し、糞をドバーッと出すことによって推進しているとのことだが、その後都知事がどう帰還しているのかは不明。

第一ゲイ子力ハッテン所
20180709071043_1.jpg
市内に二基あるゲイ発のうち一つ。作業員が燃料棒を激しく出し入れする事によって発生した熱気を上空に集め、ファンを回転させる事によって発電している。そのため音はうるさいが、土壌汚染もなく持続的に利用可能なクリーンなエネルギーとなっている。

無縁塚
20180709060335_1.jpg
▲莫大な数の無縁仏が祀られている施設だが、なぜそんなに身元不明の死者が多いかは不明。

西部(補藻美半島)案内
守矢神社
20180709055839_1.jpg
▲微塵も神社らしくないが、巫女の早苗のオッパイを見にとんでもない数の訪問客が訪れるようになったため、縦に長くなってしまった。

命蓮寺
20180709055857_1.jpg
▲聖輦船がエキスポセンターに墜落しかけた時、ムラサ船長のとっさの判断でエキスポセンターと合体してしまった結果こうなった。
なお、ナズーリンは今でもどっかの掘っ立て小屋に住んでいる。

ホモレール
20180709055913_1.jpg
▲補藻美半島が東部の地下鉄網から孤立していることへの対策として、野獣先輩の発案によって建設された。

紅魔館
20180709071005_1.jpg
▲周辺の建造物も大きいため、あまり目立たないが元の紅魔館よりも遥かに大きく新築されている。

すべての記事の一覧を参照する
 
 

Cities:Skylines20180709

Cities:Skylines20180709
高速道路を意識して積極的に作っていれば交通の流れはどう変わるのか実験してみました。

20180709035124_1.jpg
20180709020431_1.jpg

横長の街、鉄道網接続なし、外部との接続道路が少ないというかなり悪条件のまま人口7.5万人に到達しましたが、車の量はかなり多いもののきちんと捌けています。

道路を構成する上でもっとも重要な道パーツとは?

:最大幅の高速道路
・最大幅の一方通行路
・最小限の幅の街路樹あり/なし道路


高速道路・大通りの車幅は最大限に確保し無くてはならない一方で、メインの通りに面していない道路は最低限の車幅でも渋滞しにくいことがわかっています。
渋滞の原因は車の量ではなく、誘導のまずさにあります。
あまり道路を自由に曲がれすぎると右折左折してくる車輌や信号によって干渉を受けてしまい、結果として道路は渋滞してしまうので、できるだけ外部からの来訪者には高速から降りず、降りたらさっさと目的を達成してもらって市外へ退去してもらえるような都市設計が必要になります。

20180705022552_1.jpg
▲前回は鉄道・フェリーありと複数方向からの道路接続ありというかなり好条件であったが、高速道路の使い方への理解が不足していたため渋滞悪化を恐れて北西部を低密度住宅街ばかりにしてお茶を濁す羽目になった。

おまけ
20180709025957_1.jpg
▲ドバー国際空港・博麗神社すぐそばにあるテポドン発射場では、たまにミサイルの発射実験が行われる。

20180709020759_1.jpg
▲左手にあるグランドモールは地霊殿と命名された。

20180709030134_1.jpg
▲新日暮里の南方にある製材所ではよく大規模な火災が発生する。

20180709020314_1.jpg
▲夜間の空撮。

すべての記事の一覧を参照する
 
 

異世界入り物語の結末

異世界入り物語の結末

異世界入りモノのストーリーにおいては、主人公が元の世界への帰還を希望しない場合や、また帰還が不可能である場合にはその世界に定住する事になるのですが、もし主人公が物語の最終目的を達成した上で異世界へ定住する事になった場合、どのようなことが起こりうるのでしょうか?

主人公は異質な存在である

社会は異質な者を排除しようとします。特に、主人公に魔王を倒したなどの実積があると、現地の権力者からは非常に煙たがられる事は間違いないでしょう。
主人公に世渡りの知恵があるならば、権力者の顔を立てるために魔王討伐の実積を譲って、平穏な暮らしを約束してもらおうとするでしょうが、異世界入り小説の主人公がそこまで世渡りをわかっているわけがなく、現実的に考えれば権力者は主人公を飼い慣らせないなら殺してしまおうと考えるでしょう。

現代兵器はファンタジー世界では必ずしも無双できない?

クラウゼヴィッツの「戦争論」では、戦争における勝利を以下のように定義しています。

・敵の意思は打ち砕かれねばならない
・敵の戦力は殲滅されねばならない
・敵の領土は征服されねばならない


つまり、主人公サイドが圧倒的な火力によってファンタジー世界の軍隊を圧倒したとしても、敵が戦闘行為を取りやめることに合意しない限り戦争は継続します。
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 』においては自衛隊は整然とした作戦のもと、現地住民の感情を刺激する事なく、敵の政治中枢を掌握して「帝国」を日本政府との交渉の座に付かせる事に成功しますが、敵勢力の政治体制のあり方によってはこの通りにはならないでしょう。
異世界入りした少数の軍隊だけでは敵の領土を制圧しきれるはずもなく、敵に戦う意志がある限り、戦線を転々としながら交戦を続けるはずです。
魔法の存在は、ファンタジー世界の住民のゲリラ的な反撃を可能にします。大規模な会戦においては主人公サイドが圧勝したとしても、少数ないし単独の行動中に致命傷を負わされる可能性もありえます。
特に、情報誤認や精神錯乱を引き起こすような効果の魔法があれば同士討ちを狙うことができるでしょう。
(湾岸戦争の米軍では、イラク軍に破壊された戦車よりも同士討ちで破壊された戦車のほうが多い)
モンスターとの偶発的な戦闘による被害も無視できず、体格が大きく目立つドラゴンや巨人よりも人間に近いサイズのモンスターのほうが深刻な被害を与えるでしょう。
(東南アジアで戦っていた日本軍の兵士が野生のワニに食べられたり、エチオピアで戦っていたイタリア軍の兵士がライオンに食べられたりなど、小規模の行動中には野生動物によって大きな被害を受けやすい)



すべての記事の一覧を参照する
 
 
クイックムーブ
 
最新コメント
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday