tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

橙天の銀翼、発売へ

橙天の銀翼、発売へ

日本戦争ゲーム開発で開発されていた「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」が今月17日についに発売しました。

toutenn20170620.png

■内容について

「18禁同人ゲーム」としてのレビューは他所ですでに何度も言及されているため、今回はノイアーアンティーカロマンの後継(公式には否定されているものの)であると見立てたレビューとして書いていきます。

日本戦争ゲーム開発としては初、ふらいんぐぱんけ~き時代を含めるとかれこれ数年ぶりになる本格的なRPGですが、
ダメージ計算式に攻撃力や防御力以外のものが関与する、霊体モンスターには物理攻撃がほとんど無効である、弱点属性を突いた場合のダメージボーナスが多めというふらいんぐぱんけ~き時代からの伝統的な戦闘バランスになっているのですが、今回はノイアーアンティーカロマンに比べるとかなり難易度が下がったように感じます。

マップは全体的に簡素であり、アンティーカロマンの舞台であったエスペランドに比べるとスカイランドはかなり小さなスケールとなっており、一方でマップ上にキャラクターとの会話イベントが隠してあったり、石油などの資材が発掘可能であったりとパトルやノイアーの要素をほどほどに取り入れた上でコンパクトにまとめた形となっています。
空を飛ぶ島の世界観を採用した事もあり、ほうぼうのダンジョンに風や引力などを利用したギミックが搭載されているのですが、どことなく物足りなさもありました。
(謎解きが簡単すぎる、レアそうな宝箱を見つけたので開けてみたらもう持ってるアイテムだったなど)

というわけで、RPGツクールXP向けの素材が豊富に出揃っていた時代の作品であるアンティーカロマンと比較してしまうと今回はツクールMVの習作としての印象がかなり強く見受けられました。
また、有料の18禁ゲームという事もあり、ふらいんぐぱんけ~き時代のフリーゲームとは客層が異なるためあまりガチンコなゲームにはできなかったのでしょう。

今回の登場キャラクターはこれまでとは別方向に濃ゆいキャラクターが多く、メイジ天皇や天使アビラウンケンといったぱっと見からすでに何らかのコメントをせざるを得ないキャラクターが多数存在しており、今作最大の懸念要素であったベトンベンにもすでに会いました。

toutenn20170620_2.png

オナラで空を飛びたまに脱糞する水の神器の守護者・ベトンベン。
シモはジャンルによっては大変喜ばれる事だと思いますが、これはちょっとジャンルが違うような気がします。

メンゲレとかジャンルによってはいい仕事すると思うんでそのうち再登板どうですか?

■販売成果

・全年齢作品は実際の販売成果がお気に入り登録数を下回る
・R-18作品は実際の販売成果がお気に入り登録数を大きく上回る


これはこのブログにてかねてから提唱してきた法則であり、橙天の銀翼の発売前のお気に入り登録数は観測できた時点で約500(発売前に約700に達していたとの情報あり)、全年齢要素の強い本作は前者の法則が適用されるのではないかと考えていたのですが、発売してまだ一週間経っていないこともありしばらく様子見が必要なようです。(現在の販売本数は435本)

とは言えども、日本戦争ゲーム開発はBOOTHや即売会にも販売網を持っているため、時期を見計らってDLsite専売を終了して他のルートでさらに販売本数を伸ばす可能性も考えられます。


すべての記事の一覧を参照する
 
 

Minecraft21070619

Minecraft21070619

Minecraft20170618.jpg

商店街西門側にもりそば百貨店資材館(水色の屋根の建物)を出店しました。
贅沢なレンガブロックフレームと日光を最大限に取り入れるガラス張り構造を採用した本館とは対象的に、
コストが安く表面に模様がないコンクリートで屋根と壁を作り、アカシア製の床と窓を用いたStoneHearth様式で建設しています。
取扱商品は土・石・砂といった一個あたりの価値が低く、売買取引は非常に大口になりがちなアイテムです。
本館の目玉商品は砂利(Gravel)であり、これまでは利用価値に乏しかったブロックですが、最新バージョンでは新規実装されたコンクリートの材料になるため価値の上昇を期待して取扱い開始しました。
二階では全16種の染料を取り扱っています。
現在の総資金は約130万ドルであり、ここ一ヶ月で新規参入したプレイヤーが冷え切っていた鉄ブロックの販売を刺激してくれたためもりそば百貨店はかつての勢いを取り戻しつつあります。

すべての記事の一覧を参照する
 
 

日本ツリーに新型プレミアム戦車

日本ツリーに新型プレミアム戦車

WoTのプレミアムショップに新型の日本戦車が登場したのでご紹介いたします。
本来であれば、ソ連戦車以外のものはよほどの事がない限りこのブログではスルーする予定だったのですが、
今回は戦車の設計が他ゲーム由来であるという珍しい例だったためご紹介させてきただきます。
車両はどちらもTier8のものです。

Wot20170618 (1)

「戦場のヴァルキュリア」よりエーデルワイス中戦車です。
スペック的にはコンパクトなケーニヒスティーガーといった感じであり、全長が長くなりがちな高Tierに
あって丸っこい形状のため、敵として遭遇すれば苦戦は免れないでしょう。

Wot20170618 (2)

同じく「戦場のヴァルキュリア」よりネームレス中戦車です。
エーデルワイスに比べるとエンジン出力が低く装甲が分厚いため速度は遅めです。
攻撃面では一発がエーデルワイスより重く、装填速度で劣るもののDPMでは勝っています。


すべての記事の一覧を参照する
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday