tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

書籍版幻想グラビアのコンセプト検討

書籍版幻想グラビアのコンセプト検討
幻想グラビア書籍版のプロジェクトについて、開発生産にかかるコストと、実行するならば望ましい販売冊数に関して検討を進めてみました。
(表などはとある印刷会社さんより引用しています。)

print05072015 (2)
このへんの用語はまったくちんぷんかんぷんなのですが、紙の種類によって価格が変わるということは基本的になさそうです。
ただし、表紙の裏に印刷しようとするとオプション扱いになるので、これを選択するとさらにコストが上がりそうです。

print05072015 (3)
フルカラーで同人誌を印刷する場合、表紙だけフルカラーのものや、全部モノクロのものよりも、生産コストが2倍近くに跳ね上がるようです。

以下、フルカラーでのページ別・冊数別生産コストです。
print05072015 (1)

このとおり、ページ数や冊数を増やしても支払総額は大して増大しない一方で、印刷部数が少なければ少ないほど一冊あたりのコストが跳ね上がるようです。
例えば、20ページのものを20部で発注すると一冊あたりのコストは385円となりますが、最小単位の10部で発注すると730円となります。
イベント参加経験のない方がいきなり大規模な発注を行ってしまい、膨大な在庫を抱えてしまうことがあるのはこのコストの極端な変動性によるものでしょう。
とある例大祭で壁サークルのメンバーとして参加した経験のある方によると、いつもは来年度以降のイベントに持ち越したりショップに委託する前提で600部前後で印刷するようです。

イーグリ設計局はイラストなどはすべて外注に頼っており、開発費の段階で40万~90万円近い経費がかかってしまうため、
自分で漫画を描いている作者さんのように最初は小規模にコピー本から始めるという手段が取れないため、
実行にあたっては非常に慎重に検討する必要性があります。

書籍版幻想グラビアの予定スペック
表紙 つや無し・裏表紙印刷あり
ページ数 20p~30p
価格 1000円または2000円
販売する個体はビニール梱包あり

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday