tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

RimWorld

RimWorld
知り合いの方から面白いゲームを紹介されたのでお知らせいたします。
RimWorld
(最安値パック30ドルから、Paypalまたはクレジットカード必須です。)

RimWorld20150309 (2)
ぱっと見はElonaのように見えますが、こちらはローグライクRPGではなくリアルタイムストラテジーです。
見知らぬ惑星に漂流してしまった3人の入植者を操作し、アイテムをかき集めて町を作っていきます。

これまでにとり飯で紹介させていただいてきたRTSと比べるとかなり内政寄りのゲームです。
未知の惑星での開拓という事もあり、なかなか人口は自然には増えないので一人ひとりをいかに生存させるかが鍵になります。

主人公の町がある程度育ってくると、先住民や宇宙海賊、または未知の機械化生物が襲来して町を破壊します。

ゲームの進め方

降下地点にナイフ、ピストル、ライフルが各1本ずつ必ず落ちているので、入植者の得意分野を参考にしながら振り分ける。

近くに崩れかけた小屋などがあれば、そこに仮の寝床を作っておく。

マップ全体を見回し、マップの隅っこのうち防衛しやすそうな場所を選んで降下地点にあるアイテムをごっそりその周辺に運ぶ。

そのままでも食べられる食料がなくなる前に、移動先で発電と調理が最低限できる態勢を整えておく。農地も少し作っておく。

入植者3人の個室と捕虜の収容所を整備する。
(人口がなかなか自然増しないので、イベントで捕虜にしたNPCを説得するのが主な人口増加手段になる)
捕虜収容所にも椅子や机、照明があったほうが機嫌がよくなり、説得に応じやすくなる。

バッテリーの設置など電力関係の強化と防衛施設の建設を行う

冬に備えてできるだけ農地から食料を多めに蓄えておく

定期的に敵が襲撃してくるので、死者なしで撃退できるようになれば宇宙船の破片が降下してくるまでは安泰

・武器、衣類は自分で作る必要はほとんどなし
・墓場をいちいちつくるのが面倒ならば、町から離れた所に人の死骸専用の捨場を作るという手も
・人肉を食べることによるデメリットは不明だが精神面には影響している?

RimWorld20150309 (1)
途中、機械化生物を載せた宇宙船の破片がマップに降下してくるイベントが起こります。
この宇宙船を放置すると、宇宙船が放出する狂気のエネルギーにより町の人の精神状態がおかしくなって味方を殺し始めてしまうため、
犠牲を払ってでもこの宇宙船の破片を破壊しなくてはなりません。

■攻略情報
機械化カマキリ …素早い動き、主人公側の防衛装置やほとんどの武器をアウトレンジできる長い射程が特徴。
AIがそこそこ賢く、主人公に対して一方的に有利な距離を保とうとする。
機械化ムカデ …とにかくタフだが動きは鈍い。レーザーで攻撃してくるが、たまに燃焼効果のある範囲攻撃をする。
これらの機械化生物は出現時は少数なので、スタングレネードを持たせた町の人を多めに用意しましょう。
また、図のように宇宙船の破片への攻撃を開始する前に壁(できるだけ頑丈なもの)で囲むと
機械化カマキリの初動を封じることができます。

なお、防衛施設をアウトレンジしてくる敵(長弓持ち、スナイパーライフル持ち、機械化生物)に対しては、
壁は攻撃しないで無視するという特性を利用して、アウトレンジできないように防衛施設から少し離れた所に壁を作ってやりましょう。
また、アウトレンジしてくる敵に入植者で肉薄する場合も、遮蔽物をあらかじめ作っておいたほうが有利になります。

・機械化生物の射程武器は至近距離だと命中率が低い?《未検証》

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday