tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

第24回関西同人ゲーム制作者交流会レポート

第24回関西同人ゲーム制作者交流会レポート

今月11日に関西同人ゲーム制作者交流会に参加してまいりました。
今回の会場は従来の梅田方面・難波方面の間に位置する大阪産業創造館に変更されました。
連休中につき、三重県津市~大阪間にて著しい電車の混雑が巻き起こっており、
時間に余裕を持って出発したものの、会場には少し遅れて到着することになりました。

今回の参加者の作品の中で特に興味深かったのは、次元チャリ愛好会さんのディメンション・ライダーズという
オリジナルのカードゲーム作品です。
ディメンション・ライダーズのおおまかなルールと概要は以下の通りです。
(マジック・ザ・ギャザリングと遊戯王とポケモンカードしか知らないため、それに準じた説明となっております。)

・土地の概念はなく、最大コスト(マナ)は5で固定されており自分のターン終了時に全回復する。
・同一タイプのユニット(クリーチャー)のデッキ編入枚数に制限あり
・座標と移動の概念があり、カードごとに攻撃可能範囲が表記されている。(中には飛び道具を持つ者も)
・戦線の遷移を示す「戦線棒」がマップに置かれる。
・コマンドカードはMTGのエンチャントと同じ機能を持ち、インスタントのタイミングで使用可能だが、常にマップの特定の横列を対象とする。
・タクティクスカードはMTGのインスタントと同じ機能を持つ。
・ユニットカードの攻撃力と防御力は攻撃力のみに一本化されている。
・弱いユニットが強いユニットを攻撃すると自身は破壊されるが相手を「負傷」状態にできる。(移動不可・次回の戦闘終了時に破壊される)
・ただし、相手を反撃可能な範囲外から攻撃している場合は一方的に「負傷」させることができる。
・強いユニットが弱いユニットを攻撃すると一方的に破壊できる。
・同じ強さのユニットを攻撃すると相打ち。
・MTGのアップキープと同じタイミングに「ロードフェイズ」というものが存在し、戦線棒の位置によって追加でカードを引くことができる。
・デッキ(山札)が0になっても5コストを支払うことができれば捨場(墓地)のカードを全てデッキに戻す(デッキリフレッシュ)ことができる。
ギャザ慣れしている人間からしてみると、これは試合が冗長になるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、
この「デッキリフレッシュ」の動作の前後においては相手が様々な行動の制約を受けることになるので、
この時が勝敗を決めるチャンスになると思われます。

勝利条件
・相手の最終防衛ラインに2体のユニットを進出させる
・相手のユニットを全滅させる

ポケモンカードしかやった事のない人には少し理解が大変だと思いますが、MTGや遊戯王をやった事がある人ならば
マップの概念以外はすぐに理解できるものと思われます。

---------------------------------------------
なお、帰りに大阪市内でビジネスホテルに泊まろうとしたところ、どこもかしこも満室で入ることが出来なかったので
その日数年ぶりに三重県名張市でネットカフェ難民をする事になりました(爆)

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday