tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

WoT、ドイツ新TDツリー

WoT、ドイツ新TDツリー
少し前の話にはなってしまいますが、World of Tanksにて新たなドイツTD(Tank Destroyer)が登場したということで、
中にはLegend of Tanksに登場しているものも含まれていることと、
非常に奇抜な駆逐戦車が新登場したということで、あらためて詳細にお伝えいたします。

Tier4 Marder38T
wotnewgrtd (4)
Legend of Tanksの序盤の強敵として登場するマルダーⅢです。
本車はマルダーⅡを育成する事によって手に入り、同TierのドイツTDであるヘッツァーとは
装甲・視界・搭載砲の特性の違いにより見事に住み分けができています。
単発火力はソ連のSU-85BやフランスのSAu40に比べて劣りますが、
非常に広い砲の可動範囲、軽快な身のこなし、高い命中精度はそれらを充分に補うことができます。

Tier5 Pz.Sfl. IVc
Tier5はなんと対空戦車です。
しかし、対空戦車といえどもオストヴィントやヴィヴェルヴィントのような自走高射機関砲ではなく、
75mm高射砲を装備し、育成によって88mm高射砲に換装可能というとてつもない駆逐戦車(!?)です。

wotnewgrtd (3)

極めて怪しいフォルムの車両ですが、大柄な車体に薄い装甲、強力な威力を誇る主砲と
のちのナースホルンをそのままダウングレードしたようなスペックが特徴です。
ちなみに、機関部の高さはもとの四号戦車と変わっていないため、
見た目の車高が高いからと変なところを渡河しようとすると溺れてしまうので注意してください。
なお、史実ではこれは量産されたものではなく試作品のみのようです。

Tier6 Nashorn
wotnewgrtd (2)

Legend of Tankには名前しか出てきません(「戦車いえるかな?」)が、
こちらは大戦末期のドイツ軍の対戦車戦闘を担った有名な対戦車自走砲です。
初期武装はなぜか75mmになっていますが、育成によって史実の88mm砲に換装可能です。

ヘッツァー、三号突撃砲、四号駆逐戦車、ヤークトパンターを擁するドイツ旧TDに比較すると、
ドイツ軍の新TDツリーは、火力または視界が優れている代わりに装甲が薄い傾向にあります。
新ツリーTier7のPz.Sfl. Vは、旧ツリーのヤークトパンターの正面装甲が80mmあるのに対して
わずか50mmしかなく、傾斜もヤークトパンターに比べると緩やかです。
この傾向はE-100をシャシーに採用したTier10のWaffentrager auf E 100で終結し、
ようやく装甲らしい装甲を獲得しますが、それまでは非常に危なっかしい駆逐戦車ライフを送ることでしょう。

さて、そのひたすら薄い装甲が特徴のドイツ新TDツリーですが、極めつけはこちらです。

Tier8 Rhm.-Borsig Waffentrager

wotnewgrtd (1)

おそらく、WoTをプレイしたことのない人はまるで知らない車両かと思いますが、
それもそのはず、本車は大戦中期頃のドイツにおいて開発された重砲運搬車なのです。
ただの運搬車ではなく、運搬中の火砲で交戦可能であるという機能がついているのです。
なお、本車はさまざまな理由により開発途中で計画倒れとなってしまいました。

本車は12.8cm砲または15cm砲を搭載可能であり、戦闘室は固定と見せかけて回転します。
旧ツリーで12.8cm砲を搭載可能であるヤークトパンターⅡやフェルディナント、ヤークトティーガーが
回転砲塔を持たないが故に火力を指向することがこのRhm.-Borsig Waffentrageに比べて非常に困難であること、
そして彼らは15cm砲を装備出来ない事を考えると、本車の火力は際立って絶大なものであると言えるでしょう。

さて、その装甲ですが、これがなんとTier8の駆逐戦車としてはあまりにも驚愕すべき数値なのです。

正面20mm/側面10mm/後部8mm

mmじゃなくて、cmの間違いじゃないか?
とカタログを疑ってしまいたくもなる数字ですが、本当にミリメートルであるようです。
これはなんと、正面だけが九五式軽戦車よりほんの少し厚い程度なのです!
同TierのドイツTDであるフェルディナント(エレファント)は、正面200mm/側面80mm/後部80mmと
非常に堅牢であるのとは対照的に、非常に危なっかしい装甲であると言えるでしょう。

Type_95_(AWM_097336).jpg
▲九五式軽戦車(Wikipediaより)

同Tierの戦車からの攻撃はもちろん、自走砲すら貫通するのが困難なPz.38nAやM5スチュアートにすらバシバシ貫通され、
また、自重も20トン程度と非常に軽いため、ヤケクソになって体当りしてきたMT-25やA-20によって昇天してしまうこともあります。

しかしこのRhm.-Borsig Waffentragerは、先述の通りISU-152と並んで他国の駆逐戦車の追従を許さない
超絶的な火力を誇っており、あなたのWoTライフに新しい刺激をもたらしてくれるでしょう。
(Tier8の車両のため手に入れるのはかなり根気が入りますが…)

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday