tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

HEAT弾とは何なのか?

HEAT弾とは何なのか?

パトルの軍事博物館に登場する「マリリンモンロー効果」というキャラクターを
戦車に乗せると、「HEAT弾」という強力なスキルを行使することができるようになります。
このHEAT弾は火力を貫通力に変換する効果があり、火力が高くて貫通力に乏しいKV-2と非常に相性のよいスキルでした。
World of Tanksにおいても、現行のバージョンではKV-2はHEAT弾を撃てなくなってしまいましたが、
シャーマン、ヘッツァー、四号戦車の10.5mm榴弾砲搭載型にとっては非常に便利な攻撃手段となっています。

Hellfire.jpeg
▲無人機プレデターに搭載されたAGM-114Aヘルファイア対戦車ミサイル

HEATは軍事の世界では幅広く用いられており、携行対戦車ロケットから
空対地対戦車ロケットまでさまざまなプラットホームからの対戦車攻撃手段として用いられています。

さて、このHEAT弾というものについて最近までよく仕組みがわかっていなかったのですが、
HEAT弾の中身はこのようになっています。

HEAT.png

(1)キャップ (2)空間部分 (3)円錐状のライナー
(4)起爆薬 (5)円錐状の炸薬 (6)衝撃信管

重要なポイントは、円錐状の炸薬に同じような形の金属製ライナーが被さっていることです。
ぱっと見は普通の砲弾ですが、この砲弾には以下のような自然の法則が生かされています。

(1)円錐状の爆薬を起爆すると、一点に集中した強烈な圧力が発生する。(モンロー効果
(2)この円錐状の爆薬に金属のライナーをかぶせると、さらにその圧力は強くなる。(ノイマン効果
(3)ユゴニオ弾性限界を超える強力な圧力に晒された物体は液体化する

信管が目標に命中すると起爆薬が爆発し、金属製ライナーは炸薬の力を増強しながら液体化してゆきます。
液体化したライナーは弾頭の先端より噴出し、敵戦車の車体へと浸透を開始します。
液体が戦車の車体を引き裂くというのは、非常に考えにくいことだと思います。
しかし、こちらの映像を見ていただければおおよそのイメージはつくと思われます。



こちらは水を高圧で噴出し、物体を切断するウォーターカッターの映像です。
4:30より耐火金庫を切断します。
HEATの効果とは、液体化した金属(メタルジェット)を爆薬の力で敵の戦車に吹き付けて切り裂く兵器なのです。



こちらは防弾ガラスをHEAT効果のある兵器で射撃した映像です。
最初の実験ではバズーカ(?)は防弾ガラスを貫通することに成功しましたが、
全体を砕くには至っていないことに注目してください。
戦車などの榴弾であれば、爆風で全体を破壊することが可能ですが
HEAT弾は特定の箇所を貫通することに特化しているのです。

HEATの弱点とは?

PZ40922.jpg
▲World of Tanksより、四号戦車

メタルジェットは液体であるため、弾頭から噴出した先に空間があると目標に損傷を与えることができずに
周囲に逃げていってしまうことがあります。
この原理を利用したのがドイツ軍の中戦車に装備されているシュルツェン(図の砲塔の襟巻きのようなもの)で、
連合軍のバズーカ攻撃から砲塔を保護するのに活用されました。

また、榴弾とは違って目標に直撃しなければあまり意味がないこと、
戦車から射出する徹甲弾に比べてコストパフォーマンスが悪い、
初速の速い砲やライフリングのある砲とは相性が悪いなどの欠点もあります。

日本軍の戦車関係で有名な『タ弾』は戦車から射出するHEAT弾であり、
これは貫通力に乏しい砲戦車が米軍のシャーマンに対しても有効な貫通力を確保するためのものでした。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday