tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

Men of War新コーナー予告

Men of War新コーナー予告

先日ちょっとふれたMoWの新コーナーについての先行情報です。
ほかの行進の止まっているコンテンツとの兼ね合いもあるため、紹介する内容量は絞って
日本軍のAFVの紹介コーナーに特化していきたいと思います。
日本軍のAFVは連合やドイツに比べて数も少なく、資料も豊富には残っていないのですが
Men of Warでは少ない資料がかき集められ、少数生産や未成のものも
詳細に設定が作りこまれています。

九七式自動砲
JA1.jpg
▲BT-7を仕留めたのでポーズをキメる対戦車おじさん。

日本軍には強力な対戦車火器が欠乏していましたが、中には欧州のものに比べて
突出して破壊力の高い兵器がありました。
この『九七式自動砲』という対戦車ライフルは、60kg近い重量のせいで
2人がかりで運用しなくてはならないという大きな制約を抱えたものでしたが
ソ連の軽戦車相手には充分な破壊力をもった兵器でした。

九七式中戦車
JA2.jpg

ご存知とり飯のマスコットキャラクター(?)チハタンです。
他国は30t近い中戦車を主力戦車にしたのに対して、日本は15tの九七式中戦車を
主力戦車にせざるを得なかったので、その後の対戦車能力の向上や
派生型の開発において大きな制約を受けることになります。
この旧砲塔は、新砲塔の普及につれて取り外されたものが余剰していたので
主砲の威力不足でまったく出番のなくなっていた九五式軽戦車に取り付けられ
四式軽戦車『ケヌ』として同車の復活に一役買うことになりました。

五式中戦車 チリ
JA3.jpg
▲左からティーガー、JS-2、チリ

日本陸軍の未成戦車です。最初の一台が完成する間近に終戦を迎えてしまいました。
史実では長砲身を搭載した75mm砲を搭載する中戦車なのですが、
Men of Warでは架空の国産88mm戦車砲を搭載した重戦車として登場します。
ぱっと見は各国の重戦車とあまり大差がないようにも見えますが、
重量や装甲の厚さは欧米のWW2後期の中戦車並です。

一式半装軌装甲兵車ホハ
JA4.jpg
▲ハルハ河を渡るホハ。

日本陸軍の兵員輸送ハーフトラックです。
日本陸軍には一部においてこのような輸送車輌はありましたが、
ドイツやアメリカほどは豊富に普及していなかったため大多数の部隊は徒歩に頼らざるを得なかったようです。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday