tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

戦車物語0319

■戦車ラインナップの見直し

序盤用戦間期AFVの充実
Legend of Tankでは全時代の戦車が登場する、ということをウリにしてきましたが
戦間期・大戦最初期に登場した戦車が非常に不足していたという問題点がありました。
序盤の妙なゲームバランスの悪さは、おそらくここに起因するものだったと考えています。
(味方がWW1の戦車なのに、敵がチハやマチルダ。)
そこで、戦車物語では戦間期AFVの充実を考えております。

LT_vz_35.png
(Wikipediaより引用)

チェコスロバキア軍のLT-35軽戦車です。Legend of Tankでは敵としてのみの登場でしたが、
戦車物語では味方サイドでも使えるようにしたいと考えています。

対戦車自走砲の充実

Zis30_3.jpg
(Wikipediaより引用)

ソ連軍のZis-30自走砲です。対戦車自走砲は防御力が低すぎて味方としては不向きですが、
ザコ敵にはもってこいなので、どんどん登場させていきたいなと思います。

機関砲搭載戦車の立場向上

Legend of Tankで登場した2号戦車は、史実では軽戦車ぐらいなら破壊できる
機関砲を搭載していましたが、ゲーム内ではひたすら弱く
3号戦車に進化するまで忍耐するしかないという状況でした。
戦車物語では、対空機関砲もいくらか登場する予定なので、
立場を向上させていきたいなと思います。

機銃のみ戦車の扱い

逆に、機銃しか搭載していないタイプの戦車は登場しなくなると思います。(初代マチルダなど)
ただし、Sdkfz.222のように速度で秀でてる車両などは、
何らかしら出番を持たせるために登場するかもしれません。

■銀河帝国のロボット兵器について

銀河帝国軍の設定というのは、まだ完全に確定したものではなく
現在もなお新たな人物・地名・兵器が増え続けています。
現時点の主要パワードスーツ・ロボット兵器についての設定をお伝えします。

大型パワードスーツと大型戦闘ロボットの違い

大型パワードスーツはパイロットの操縦がメインで、AIは補助的な役割を果たします。
ヘルトルーパー、ティアマットなどがこの大型パワードスーツにあたります。
大型戦闘ロボットはAIが操縦のメインを司っており、操縦手がいなくても動きます。
24式UMTや、85式防護兵などがこの大型戦闘ロボットにあたります。

・16式大型パワードスーツ(ヘルトルーパー)について
Legend of Tankでは90式戦車の砲撃が何度直撃しても壊れない描写がされていますが、
ヘルトルーパーは機動力と突進力がウリなので、実際にこんなに頑丈ではありません。
ただし、105mm速射ライフル砲による弾幕射撃は強烈です。

・10式大型パワードスーツ(ティアマット)について
本当に頑丈なのはむしろティアマットのほうです。
ヘルトルーパーに比べると機動性が非常に劣りますが、頑丈さにおいては
ティアマットのほうが上です。

・05式駆逐パワードスーツ(ドラグナー)
対パワードスーツ戦を想定したパワードスーツで、ティアマット以上に頑丈で
対物ライフルを用いた敵パワードスーツの駆逐を得意とします。
また、大型パワードスーツとしては珍しく二足歩行を採用しています。

・09式大型艦載パワードスーツ(シャーク)について
海上を低速・静音でホバリング可能で対潜戦闘も可能な万能型パワードスーツです。
海洋戦闘隊の主力パワードスーツとなっています。
BaGに比べるとスペースを多くとるため、エフランダル級軽空母にて運用されています。

・24式UMT(ジョーカー)ついて
UMTの特徴は、同時に多数の目標と戦闘可能であることです。
なお、移動はさほど早くないため、単独で行動している場合歩兵の肉薄攻撃には脆弱です。

・85式防護兵(ガーディアン2)について
UMTに比べると非常に頑丈で、移動もやはり低速ですが
自動消火装置が装備されており、オプションで爆発反応装甲など
追加装甲を装着できるようになっており、高い生存性を誇ります。
他のロボット兵器と比較するとかなり古いモデルで、
銀河帝国軍自体が防戦をあまり経験していないことと、
防戦下であってもその頑丈さゆえに生存率が非常に高いこと、
そして単価が高いゆえに旧式化しても買い替えが困難であるため
85式防護兵はずっと使われ続けているのです。
トウキョウ都内に陣取っていた85式防護兵は、そのほとんどが
トマホーク巡航ミサイルか、GPS爆弾や対地ミサイルの直撃によって破壊され
85式防護兵が戦車戦で破壊された例は(リンのケースを含めて)非常に稀なものでした。

・94式大型砲兵(キャンサー)
陸戦隊は砲兵の人口が地球軍に比べて異常に多いという特徴があり、
砲兵のAI化によって人件費を削減する目的で開発されたのがこの94式大型砲兵です。
左右の腕に227mmロケット弾12連装発射機を一門づつ装備でき、
203mm砲を4門を肩に装着しています。
四脚なので姿勢を変えずに横にカニ歩きができるため、砲撃後に
地球軍の予測不可能な移動をしてふたたび射撃することができました。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday