tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

近代を舞台にしたRTSのまとめ0310

近代を舞台にしたRTSのまとめ

ここで、近代を舞台にしたRTSのまとめを行っていきたいと思います。

■全時代
石器時代から始まって、資源を貯めることによって古代・中世・近世・近代・現代、
はては未来までと国家を成長させることができます。
EEとRoNはどちらもかつての名作RTSである『Age of Kings』の親戚にあたります。

Empire Earth
Rise of Nations

基本としては、市民を動かして食料・木・鉄・金を集めて建物をつくり、
建てた建物から次々ユニットを生産し、集めて戦うという流れになります。
Age of Knigsの流れを汲んでいるだけあって、後述の戦闘に特化したRTSに比べると
非常に内政が充実しているのですが、戦闘に関しては物足りない部分が多いかもしれません。

ただし、どちらも飛行場や造船所(海軍工廠)を建造できるため、
建造できる建物や生産できるユニットの幅は、他のRTSに比べてかなり広いです。
特に、他RTSは陸戦に特化しているため艦艇や航空機を生産できないものが多く、
EE・RoNではミサイル基地、戦闘機、戦闘爆撃機、爆撃機、核爆撃機、
戦艦、フリゲート、対空巡洋艦、空母とその艦載機、潜水艦といった
空・海での戦闘要素が豊富になっています。

■第二次世界大戦のみ
全時代のRTSに比べると、生産のための資源確保が簡略化されていて
戦闘に特化している傾向が強いです。
例えば、Company of Herosでは資源地を占領してしまえば市民に採取させる必要がなく、
Men of WarやR.U.S.Eでは時間経過で自動的に増える『マンパワー』または『資金』に一本化されています。
また、戦闘も陸戦に特化しているため、艦艇がチョイ役だったり、
航空機は生産しないでマップ外から呼び出して地上部隊をサポートさせるもの、
という扱いだったりします。

Company of Heros
工兵に建造させた建物からユニットを生産して戦わせます。
流れ的にはAoK系によく似ていますが、本格的な近代戦RTSなので
遮蔽物を利用して防御力を上げたり、建物の中に隠れて射撃できます。
この中ではリアルさとプレイしやすさのバランスが一番とれた作品だと思います。

Men of War
特に目立った特長は、AFVや砲にパーツ別に故障の概念が存在していることで、
全損さえしなければ、敵の兵器であっても鹵獲して使えてしまうことです。
CoHでも敵が落とした兵器を鹵獲することはできますが、
Men of Warでは鹵獲できる兵器の幅がさらに広がっています。
また、戦車の耐久力はリアルに設定されており、当たり所が悪いと
一撃でぶっ飛んでいったりします。

R.U.S.E
戦車を森の中に隠したり、無線封鎖することによって敵から姿が
見えないようにできたり、遠方にいる敵ユニットは種類が判別できなかったりと
他のRTSに比べて、偵察の重要性が高いのが特徴です。
なお、他のRTSでは出てこないフランス戦車が出てきます。

Order of War
プレイしようとしたのですが、なぜかゲーム開始時に
エラーが出てしまうためプレイできませんでした。
情報を集めようと思っても、他の作品と違って専用Wikiが存在しないため
この作品については詳しい事はわかりません。

情報収集集中
Blitzkrieg
Sudden Strike

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday