tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

胆振地方探索20180421

胆振地方探索20180421

今回の探索の主舞台は白老町です。
本日は室蘭・登別探索の予定だったのですが、出発した時間が遅く室蘭に着く頃には撮影可能な時間があまり残らないと予想したため、その白老町へ急遽変更となりました。
特に事前に下調べもしていなかったのですが、歴史関係においては何かと乏しい北海道にあってこの白老町では意外な収穫を得ることができました。

DSC_2427.jpg
▲「白老たまごの里」なるお店。その名の通りたまごを使った料理を豊富に取り揃えており、無人販売所まで完備。
物珍しさで寄ってみたはいいけれども、旅行者が生の鶏卵を買ってもどうしようもなく、お店の中で食べられる料理は別にあるものの、寄ったタイミングが悪かったためソフトクリームを買ったのみにとどまった。

DSC_2445.jpg
▲仙台藩がかつて胆振地方を防衛するために建設した陣地(?)跡に建設された歴史博物館。

この仙台藩、財政難の中蝦夷地にわざわざ自前の資金で警備のために藩士を送っていたものの、戊辰戦争では賊軍扱いされ
政府軍に蹴散らされたりなどと中々に扱いがひどい。
歴史に疎い人には、同じ民族で殺し合うなど遠い海の向こうの話かと思われがちですが、日本ではほんの2世紀前まで当然のように行われてきました。
多くの高校では日本史・世界史ともに授業が近代まで進まないうちに卒業を迎えてしまう事が多いのですが、近代はかなり泥臭いのです。
中世や近世までの事件というのは、大昔の話なので現在世界と起こっていることとあまり繋がりがないのですが、欧米で起こるイスラム過激派によるテロ事件や、日本国内で起こる様々な政治問題も、すべて近代の出来事に起因しています。
そのため、学校側も面倒臭がって、生徒に楽をさせる名目でわざと授業をそこまで進めようとしないのです。

東方鉄飛船BPのストーリーは、北海道を近代のヨーロッパになぞらえて構築しました。
オベリスクで台頭する偏狭なナショナリズム、貧富の格差の拡大による過激派社会主義者や無政府主義者の暗躍、アリモッコリ王国におけるジェノサイド事件である「ロリコン狩り」、一箇所で起こった衝突が全世界に波及する国際社会、そして国民皆兵の普及による戦争の総力戦化。
学校が面倒くさがって教えたがらない部分を一気に詰め込んだのです。

DSC_2457.jpg
▲ところどころに人工的に作られた深い穴が見受けられるが、当時の日本に普及していた銃器では低い場所からの射撃は難しい(煙の量がひどい)と思うので、塹壕として作られたものではなく、アイヌ人との戦闘が発生した場合に盛土を乗り越えさせない目的で作ったものではないかと思われる。

DSC_2479.jpg
▲インクラの滝なるものを撮影しようとしたが、道が封鎖されていたため断念。写真は道中にあるダムのもの。

DSC_2494.jpg
▲キツネやタヌキが平然とそのへんを歩いているのでぶつからないように注意。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
クイックムーブ
 
最新コメント
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday