FC2ブログ
tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

宣伝協力:都道府県適性診断の解説者募集

宣伝協力:都道府県適性診断の解説者募集

日本戦争ゲーム開発の姉妹サイト性格診断セブンに新しく追加された「引っ越すならどこが良い? 都道府県適性診断」で北海道の項目の執筆に協力しました。
現在半数以上の都道府県で執筆者が不足している状況なので、募集の宣伝をしています。
公開されているものは某Sさんとの共同執筆という事になっていますが、こちらが提出した原文をサンプルとして載せておきます。

北海道全般の暮らしぶりについて解説します。
(執筆:ひよこ13)

◆地理
まず北海道の際立った特徴と言えば、都市間の異様な距離の長さです。
本州から北海道にアクセスするための窓口といえば青函トンネルですが、青函トンネルを経て函館に入っても、札幌までは更に300km以上あります。
旅行先としての最人気は札幌なので飛行機で行く人が多く、函館市は札幌ついでに行けてしまう小樽に比べると人気でわずかに負けます。
現在新幹線は函館までしか開通しておらず、札幌まで延長されるのは遠い未来の話なので、この状況は変わらないでしょう。

北海道のローカルテレビでは「道央」という語が使われますが、これは地図上で見て北海道のど真ん中にある旭川市ではなく、札幌圏周辺の事を刺しています。
(広義には旭川市も道央に含まれるが、この分類が使用されるのは稀。)
日高山脈以東は「道東」と呼ばれており、釧路市や帯広市など市単位ではそれなりに知名度のある都市があります。

日本で一番寒い街と紹介される陸別町は十勝地域の町であり、冬季には-30℃を下回る事もあります。

ちなみに、シカが道路に飛び出してきて車が大破する事があるので、運転中はどれだけヒマでもよそ見厳禁です。

◆仕事と教育

北海道には満員電車というものはありません。JR北海道が不便なのでみんなマイカーを使うためです。
ただし、降雪時には道路が大渋滞を起こし、雪さえなければ20分で行ける職場にひどい時には片道1時間以上もかかってしまう事もあります。
雪が降り始めると、各地の学校では「自転車通学禁止令」が発令されますが、路面がツルツルになろうがしぶとく乗ろうとする学生も多く見られます。

全国学力テストでは常に下位であったことから、教育に関しては他県のような熱心さは殆どないと言っていいでしょう。
北海道から出られてしまうぐらいなら、地元に残ってくれたほうがいいというのが地域の大人たちの願いです。

◆交通機関

札幌市は地下鉄が充実しているのに対して、非札幌圏車が無ければ何もできないというのが実情で、
都市間の距離があまりにも長いため北海道には全国最多の12の空港があります。
もし、函館市から最東端の根室市を鉄道で目指そうとすると、片道10時間もかかってしまいますが、
函館空港から根室市周辺の中標津空港への便が乗れてしまうなど、他県では見られない航路も存在しています。
しかし、現在北海道の各空港は民営化が進展中であり、JR北海道も不採算路線を抱えて路線の統廃合へ向かっているため、
北海道の公共交通は今後ますます不便になるものと予想されます。

◆買い物(日用品)
イオンやセブンイレブンなどの全国チェーンが進出してきたものの、セイコーマートなどの道内企業も健在です。
このセイコーマート、道内のほぼ全部の町に存在しているため、旅行中には道の駅代わりに利用することも多くなると思います。
激安のワインを大量に取り扱っていたり、独特なホットスナックも用意されています。
ちなみに、amazonで何か買おうとすると北海道は本州以南より商品の到着が遅くなるためあまりオススメしません。

◆娯楽
アウトドアスポーツは登山、スキー、スノーボード、ワカサギ釣りなど多種多様にわたってどこかかしら出来る場所があります。
観光においては札幌市にはおなじみの雪まつり、知名度は低いですが、オホーツク地域にある紋別市では砕氷船のガリンコⅡ号に乗ることができ、
十勝地域の帯広市では日本一コースの短い競馬場があり、馬が鉄製のソリを挽いて走る「ばんえい競馬」が見られます。

◆噂、お国自慢

よその土地に行くと「北海道弁」というものについて聞かれる事が多いのですが、私は道民として大変これに困惑する事が多いです。
というのも、道民がよく使う「なまら(すごい)」「しゃっこい(冷たい)」は新潟弁が由来であり、
年配の人が使う「じょっぴん掛る(鍵をかける)」は青森弁が由来であったりと、よその土地から持ち寄られた語彙のちゃんぽんであり、
地域によっても使われる語彙とそうではないものがあるためです。
「わや(ひどい)」など関西由来の語彙も存在しており、ほとんどの道民は何がどこ由来なのかもわからず使っています。

北海道はあまりにも大きすぎるので、「これが北海道の魅力だ!」という断言できるものはありません。
大都会札幌の華やかさや、小樽の夜景の綺麗さや、函館の歴史、紋別・網走の流氷。
最東端の納沙布岬の終末感に夕張の絶望感とその土地土地で違う味わいが見られます。
しかし、北海道らしさを求めて北海道に旅行に来るのであれば、非札幌圏をオススメします。
延々と続く田園風景とどれが何という名前の岳なのかわからない日高山脈が貴方の眠気を誘います。
ただし、直線道路ばかりが続くからと言って調子に乗って飛ばさないように!
道路上に取り付けられたイカニモな怪しい箱や、古臭いセダンに乗った二人組のおっさんが貴方を見張っています!



内容について説明するついでに昨日の苫小牧取材で撮影した写真を公開します。

Tmak2018 (59)
▲北海道の随所に見られるゲートのような鉄柱。図のものは路面の凍結に対する注意を喚起するものだが、中にはスピード違反する車両を検知してナンバープレートを撮影し、後日警察署に呼び出すというイヤラシイものも。

Tmak2018 (47)
▲日高町。山間部は雪がしつこく残りがちだが、3月下旬は路面凍結もなく安全に雪山を撮影できる。

Tmak2018 (26)
▲ウトナイ湖周辺の写真。苫小牧は海沿いのため雪がなくなるのが早い。

Tmak2018 (12)
▲ソ連から引き取った宇宙探査ステーションの予備機が苫小牧の博物館に展示してある。

Tmak2018 (55)
▲写真が趣味の人にとってはまだしも、そうでない人にとっては退屈な景色しかないのでエナジードリンクやメントスなどの比較的強烈な眠気覚ましを車に常備しておかないと命にかかわるので注意。

都道府県適性診断の解説者募集/日本戦争ゲーム開発

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
クイックムーブ
 
最新コメント
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday