tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

第一回東方鉄飛船BP購入者様向けアンケート集計結果

第一回東方鉄飛船BP購入者様向けアンケート集計結果

第一回東方鉄飛船BP購入者様向けアンケートの集計結果が出たため発表いたします。
北海道の人口は日本の人口の4%程度しかいませんが、このアンケートでは物語の舞台が北海道であるせいか、
実際の道民の割合よりも遥かに高い全体の一割が道民による投票です。

BP_FirstEnq20180308 (2)

当初の予想に比べて後志地方(小樽)の得票数が小さくなりましたが、それでも札幌の隣という立地の良さと夜景の綺麗さから函館や旭川に対して一歩リードしています。
道東は釧路が頭一つ飛び抜けてきましたが、それでも旭川や函館には及ばないようです。
北海道には12の空港があり、JRの北海道には一週間乗り放題の北海道フリーパスがあったり(肝心の鉄道の本数は少ないか)、それなりに遠隔地にもアクセスしやすいように環境が整備されてはいるのですが、近年のJR北海道の不採算路線や空港民営化などの流れによって、今後非札幌圏はますます不便になってしまうでしょう。

BP_FirstEnq20180308 (1)

前項で「☆私は道民です」と回答した人と同数の人が「石狩地方に住んでいたことはなく旅行で行ったことがある」と回答していますが、北海道の人口の四割を占める札幌市民がこのアンケートに参加していないはずはないので、説明のわかりにくさ起因する投票ミスがかなりあったのではないかと思います。
ただし、北海道の小学校~中学校では修学旅行で札幌に行くことが多く、個人的な旅行や家族旅行においても札幌ほど便利な都市はないので、仮に投票ミスが無かったとしても石狩地方がトップだったでしょう。
東北海道の最人気地域はオホーツクであり、最も人気がなかったのは十勝地方です。
ただし、道民投票者の母数は大して大きくはなく、十勝に住んでいるので十勝には投票しなかったという人もいると思うので、このあたりについてはあまり断定的な事は言えません。

道外と比較すると、道民による道内旅行では宗谷地方(稚内市)がやや人気ですが、(超絶的な距離なものの)マイカーで行こうと思えば行けてしまうためでしょう。

ちなみに、これまでに自分が国内のいろんな地方でいろんな人と話してきた経験から言うと、北海道民はやや出無精な一方で
いざ旅行に行くとなるととんでもなく遠くまで行くことも多いです。
道路に積雪のある期間が長いので、冬に溜め込んだフラストレーションを春以降に解放したいのでしょう。

BP_FirstEnq20180308 (4)

人口の割に知名度が高い都市として夕張・小樽・石狩。人口の割に知名度が低い都市は北見です。
苫小牧市は海路で北海道に入るのであれば通ることも多いのですが、やはり実際に北海道に行ったことのある人がそんなにいるわけではないので、知名度はそれなりです。
現在は4票差がついたものの、帯広と釧路は拮抗していたこともあり、時期によっては釧路を知らない人が帯広を知らない人を上回っていました。
伊達市は海沿いなのでもうちょっと認知度が高いものと考えていましたが、やはり苫小牧・室蘭の影に隠れてしまうようです。
道東ワースト一位は紋別となってしまいましたが、紋別はオススメです。ぜひ行ってみてください。

BP_FirstEnq20180308 (3)

第14回東方project人気投票の結果と比較すると、同アンケートには五位に十六夜咲夜、六位にレミリア・スカーレット、七位にフランドール・スカーレットが僅差で並んでいますが、BP購入者向けアンケートでは霊夢・魔理沙・こいし・妖夢といった非紅魔館の人気キャラが投票対象から除外されているため、もっとも特徴的に近い十六夜咲夜が恩恵を受けた形になったのではないかと分析しています。
一方で、BP購入者向けアンケートではフランドール・スカーレットがレミリアの半分程度しか得票できておらず、一方でパチュリーがレミリアと接戦しているなど東方project人気投票とは大きく異る傾向が見えてきています。
なお、小悪魔の得票は9票(4.6%)でした。

第二回アンケートの趣旨は北海道関係ではなく、エロRPGと東方原作、東方二次創作についての調査です。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
クイックムーブ
 
最新コメント
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday