tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

橙天の銀翼クリアレポート

橙天の銀翼クリアレポート
touten20170622 (2)
touten20170622 (1)

難易度:スタンダード(変更なし)

全体のボリューム
日本戦争ゲーム開発としてはノイアーアンティーカロマン以来の本格ミリタリーRPGだったため全体のボリュームもそれに匹敵する程度のものかとばかり期待していたのですが、今回のクリアに所要した時間はわずか7時間であり、パトルやアンティーカロマンの特徴を継承しながらも忙しい人でも最後まで進めるようコンパクトにまとめたようなボリュームとなっております。
DLsite上の18禁RPGにはこれよりも更にクリアに時間を要するRPGもまれに散見されます。

難易度

最序盤ボスの「いわゆる肉」でさえそれなりに手応えがあり、少し進めば九七式中戦車に蹴散らされていたノイアーアンティーカロマンに比べるとかなり難易度は下がってますが、これは銀翼では最序盤から手持ちに近代兵器が存在している事によるようです。
これまでのふらいんぐぱんけ~き作品のRPGでは一周目では到底倒せないようなボスや入手できないようなアイテムが配置されていることが常でしたが、今回は駆逐艦も一周目で楽勝、最強の航空機の震電すらも一周目で入手可能となっております。
周回機構そのものは存在しており、選んだルートの関係で観られなかったHシーンの回収が主ではないかと考えられます。

世界観
前評判ではいろいろと騒がれておりますが、その名前と外見で未プレイの人にまで強烈なインパクトを与えるメイジ天皇はいたってマトモな人であり、日本戦争ゲーム開発作品の歴代の国家元首(レヒリンとかビッドラーおじさん)に比べると安心してお付き合いできる人物です。
天使アビラウンケン率いるアーレフガルドは悪の帝国としてわかりやすくまとまっており、
アビラウンケンが言ってるよくわからない用語も無理に意味を理解しようとするのではなくなんとなく雰囲気でわかろうとすれば特に違和感も持たずに進めると思います。

touten20170622 (3)

過去の日本戦争ゲーム開発作品を知っているとアビラウンケン仲間になるんじゃね?と誤解してしまいがちですが、
残念ながら仲間にはなりません。 アビラウンケンは物語の中で魔王としてのロールを全うします。
このアビラウンケンですが、軽いノリの悪ふざけではなく元ネタの人物や団体の思想についてかなり掘り下げて調べたようで、かつて初代パトルの軍事博物館でマルクス・レーニン主義者のコモラーデが不倶戴天の敵であるイスラム過激派のビンライデインをうまく言いくるめて味方に引き入れてしまったときのような神がかった台詞が書かれています。
コスモクリーナーなどの小ネタよりもむしろ歴代日本戦争ゲーム開発作品の中ではなかなか見られなかった体系的な世界観を持った大悪の見事な立ち振舞が見どころとなっております。
意思があるのかさえあやふやなモルスや、パトルへの私怨で動くキャサリン、アクシデントでラスボスになってしまったハミルトンとはまったく格の違う正統派の巨悪です。

Hシーン
今回のコンセプトは陵辱が主だった過去作からは一変して純愛メインとなっております。
普段はあまりくだけた話はせずに、いたって真面目な会話しかしない主人公がいざHシーンが始まると
饒舌に淫語で言葉責めを始めたりするという日本戦争ゲーム開発独特のエロゲー工法によるギャップが生じており、
これが逆にいいんだと評価する方もいらっしゃるのですが、自分にはうーん、ちょっとなと思いました。
純愛は陵辱に比べて「雰囲気作り」が大切だと考えているためです。
これからヒロイン二人の主人公の取り合いが始まるんだな、とニヤニヤしていたところに
主人公そっちのけで百合をおっぱじめたかと思えばまた結局主人公とHしたりなど、
頭から空気を取り入れて屁をこいて空を飛ぶ妖精よりもむしろこっちのほうが衝撃でした。
主人公が天皇陛下へのご奉仕に夢中になって女の子に目もこれなくなったので仕方なく…という理由ならわかるのですが
モロにエーリエルルートで進んでた矢先の姉妹百合が始まったので驚愕でした。

主人公がクラウディアに「私と姉どっちが好き?」と聞かれるくだりがあるのですが、ここでクラウディアをからかおうと
エーリエルと答えてみたら主人公が理由をマジレスするなどちょっと空気の読めなさも気になります。
いざとなったら姉妹どっちも俺のもんでいいや、というような不真面目さもある程度主人公には必要なのではないでしょうか。
中身的にばるばろっさ!カツオーネの要素がちょっとあっても良かったかなと。

またHシーンのプレイも神器のレプリカの製法で決められていたため、その通りに行うケースがいくつかあるのですが
それはもうちょっと自発的に考えられなかったかな、と思います。
どうせ書いてあったとおりにやらざるを得ないのであれば、やるのはアブノーマルなプレイじゃないでしょうか。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday