tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

L1プロジェクトについて

L1プロジェクトについて

東方鉄飛船BPは名目上は東方鉄飛船FFと同様に鉄飛船シリーズ扱いされていますが、開発コードでは
BPには「A1」、FFには「V1」とまったくの別の接頭詞が割り当てられており、「V1」というコードはもともとは
ワリヤーグ1874のために用意されたものであり、戦車物語がV2となる予定でした。
今後もV2が戦車物語である事に変わりはないのですが、A1後の主力財源となる「L1」について本日はお話していきたいと思います。

L1の概要

RPG_Styles09222015 (3)
▲開発コード「L」の起源となる「ロリクエ2」。ヒロイン一人旅、オープンワールドというとり飯・イーグリ設計局的なRPGとは大きくかけ離れたものだ。

◆基本的な仕様

◆主人公は魂魄妖夢
◆開発ツールは引き続きRPGツクールVX aceとする。
◆ダメージ計算式はポケモン方式を採用する。
◆ロリクエ2の操作性・戦闘テンポを再現する。
◆HCG枚数などのカタログスペックは現行のロリクエ2に追いつこうとすると非常に膨大な開発コストと工数になるためA1のスペックを継承
◆その他、クリアまでの所要時間などは極力ロリクエ2のスペックに合わせる。
◆ロリクエ2の戦闘は戦術性よりも主人公のレベルや装備といったスペック面に勝敗が大きく依存しがちであり、あるバージョンからほとんどのボスの状態異常耐性が見直されたことからこの傾向がさらに強くなった。
とり飯の伝統的なRPG作りの観点から、即死や毒の効くボスを意図的に用意してプレイヤーに「抜け道」を用意する。
◆幻想郷に置いていったつながりのあるキャラ(西行寺幽々子など)からは物語の進展とともに援助が得られるように?
◆ロリクエ2の「コノハ」の大幅強化スキルである「淫獄ラッシュ」に相当するものとしては原作より「森羅結界」「トランス」の概念を導入
◆その他、ロリクエ2では衣装が変わっても使用できるスキルは変わらなかったが、L1ではA1よりジョブチェンジの概念を導入し、戦闘中にターン消費なしでのジョブチェンジを可能にする。

モッコリランドの世界観を継承?

レミリアたちが訪れた時のモッコリランドは地球で言うと近世の時代に突入しており、妖夢はこれよりもさらに古い時代に迷い込む事になるかもしれません。
モッコリランドは全時代を通じて東部の交通が非常に不便なため、次回作でもキャラクターの初期スタート地点は西部の都市から選ぶことになりそうです。

L1に関係する過去記事
味方・敵の人数が戦闘に与える影響
作業特化型RPGと思考特化型RPG
18禁RPGネタ帳

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday