tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

Sim City 2013 VS Cities:Skylines

Sim City 2013 VS Cities:Skylines
Sim20170523 (31)
Sim20170523 (25)
PC向けのシムシティシリーズで一番やり込んだ作品はSim City4なのですが、あまりにも古い時代の作品のため
次にやりこんでいて比較的最近に発表されたSim City(2013)との比較でSkylinesを評価していきたいと思います。

『ゲームらしさ』のSim City 2013と『自由度』のCities:Skylines

結論から言ってしまうと、2013とSkylinesはどちらも同じシムシティをベースとしながらも、それぞれ微妙に異なった方向性に発展した作品であり、どちらにも優劣は付けられないことがわかりました。

Sim20170523 (33)

Sim City 2013ではプレイヤーは最初から与えられている道路や線路は改変することができず、街の範囲も最初に与えられた範囲から出ることができません。
ところが、Cities:Skylinesは最初から与えられているエリアに加えて街の規模が拡大するにつれて周辺の土地を買い上げることができるようになり、買い上げた土地に存在していた道路は自由に改変することができます。
また、Sim City4などの過去作と同じように地形を改変することもできます。(標高や水源の有無)

Sim20170523 (1)

Skylinesの過去のシムシティとの決定的な違いはバス、鉄道、地下鉄は停留所を設置のみしただけでは機能せず、
運行ルートを個別に設定して初めて機能する
ということです。
例えば、Sim City 2013では街にバス停を並べてもバスは思い思いに停留所の間を行ったり来たりしているだけでしたが、Skylinesは住宅地を巡回して病院や鉄道駅へ巡回する、といった具体的な移動ルートを指定することが出来ます。
しかしながら、あまりにもバス網を綿密に作りすぎると既存の道路を破壊して拡張工事したい時には大変な事になってしまうため、便利なようで面倒くさいという一面も持っています。

Sim City 2013

sim20170523_21.jpg

一方で、Sim City2013はSkylinesほど都市あたりの自由度が高くないものの、シングルプレイでは自分で作った複数の都市同士で資源や水道水・電気や観光客をやりとりしたり、マルチプレイではこれらのリソースを他のプレイヤーから受け取ることができます。

sim20170523_22.jpg

Sim City 2013は都市建設に使える土地が狭いため、病院や警察署は大きなものを一つ市内にこしらえればほぼ全域をカバーすることができ、必要に応じてパトカー(救急車)の配備数を増やしたり、拘置所(病棟)を増設して市の人口増加に対応してゆくことができます。
これは発電施設や水道施設、学校などにおいても同じようなことができます。

Sim20170523 (19)

建設はカジノや鉱山など、あれこれ作ることができますがマップによっては建設の出来ないもの(原油が埋蔵していないマップには油井は建てられない)があったり、マップ自体が狭いため「その都市では何がやりたいのか」を重点的に突き詰めてゆく必要があります。
観光客を呼び集めるための施設があっても、近くに精錬工場などの汚染源があると観光客が嫌がりますし、工業で生計を建てている都市に中途半端に観光客が呼び込まれると、渋滞を起こして労働者の通勤や製品の輸送がスムーズにいかなくなります。
これはSim Cityシリーズ全般に言えることですが、マップが狭い上に風向きや土壌汚染の概念がある2013ではこれらの施設の相互干渉が特に顕著であり、観光立国を目指したいのであれば汚染源となっている工場はすべて解体して大気汚染や土壌汚染を浄化する必要がありますし、資源立国を目指したいのであれば労働者がよその街の職場に行ってしまわないようあまり高等すぎる教育は施さないことが最善です。
ただし、Sim City 2013はゲームバランスの設定が結構アバウトなので、精錬工場や家電工場で資源を製造して輸出すると税収を遥かに上回る収入を得ることが出来、あっという間に億万長者になれてしまったりします。

どちらもプレイしたことのない人にはSim City(2013)をオススメしたいのですが、2013では物足りなさすぎる、と感じる人にはぜひともSkylinesをオススメしたいと思います。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday