tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

2017春季ツアー前書き

2017春季ツアー前書き

春季ツアーの本編の前に、今回のツアーの前半の舞台である北海道東部について説明させていただきます。
先日のアンケートで、とり飯の訪問者には道民の方はほぼ皆無である事がわかっているため、
北海道、特にその極めてディープな部分である東部について誰も知識がないだろうということで、あらためて説明します。

都市間の距離に比して極めて低速で貧弱な鉄道網
C-6pR-GXgAEwT07.jpg
▲今回のツアーの計画中に副産物として制作した図(加工元:Google Map)

近年、とうとう函館に新幹線が到達し青森駅で乗り換えずとも新幹線で北海道入りすることが可能になりました。
ところが、この函館というのは御存知の通り北海道の極めて浅い入り口にすぎず、中枢部である札幌に新幹線が到達するのは10年以上後の事とされています。
函館新幹線開通時にはテレビのインタビュー等で「新幹線が札幌まで開通したら利用したいか」との問に対して
都民の答えは「飛行機より時間がかかる割に料金がちっとも安くならないなら不要」と極めて消極的な意見でした。
北海道東部(以下、道東と称す)からみると、すでに道東にはとかち帯広空港、女満別空港、たんちょう釧路空港等といくつかの空港を擁しており、よほど新幹線の料金が安くならないかぎりは利用するメリットがまったくないと言えます。
そして、空港は路線の不採算により次々と本州の諸都市への路線が廃止されており、各空港の接続先は以下の通りとなっています。

釧路…千歳、丘珠、東京、名古屋、大阪
帯広…東京羽田のみ
女満別(北見)…千歳、東京・名古屋

鉄道網については、近年の報道(本州でどの程度取り上げられているかは知りませんが)でJR北海道が多数の不採算線を抱えている事により、本数削減や路線廃止を匂わせる雰囲気が続いています。
上記に掲げている図においては、電車に乗った後の移動時間についてしか記載していませんが、本数も極めて少なく、本州でいうなれば、日本海側の過疎地と同程度のものです。

なお、帯広市と北見市は上記の図では繋がっていませんが、これはその通り線路が存在しないのであり、陸別町で乗り換えて帯広・北見間をバスで移動するという裏技的な移動手段はありますが、大多数の道民はそんな裏技の存在は知らないので、実際に行く必要があれば車で2.5時間以上かけて行く事になります。

今回の春季ツアー、そして東方鉄飛船BPの主舞台としてこの北海道(特に東部)を選んだ理由は、日本人が知り得ない日本が極めて自分の手頃な所(?)にあったので、それをテーマにしない手はないと考えたためです。

関連ニュース:経営危機のJR北海道、線路で衝撃の光景…橋梁がない鉄橋、線路が宙に浮く路盤流出 ビジネスジャーナル

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday