tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

ロボット兵器設定の起源

ロボット兵器設定の起源

銀河帝国軍の設定を説明するにあたってよくガンダムを引き合いに出しますが、実を言うとガンダムはリアルタイムでしっかり観ていたわけではないのであまり知識がありません。
あらためて銀河帝国軍のロボット兵器の設定に多大な影響を与えた作品をご紹介したいと思います。

Empire Earth



Empire EarthはAge of Empireの遠い親戚とでも呼ぶべきRTSで、AoEやAoKが中世~近世を舞台としているのに対して
このEmpire Earthは石器時代から未来までを舞台としています。
そのせいもあってか、ゲームとしては非常に大味なものになってしまいマルチプレイもAoKほどは隆盛しませんでしたが、それでも設定が充実しているぶん当時の自分には非常に重大なインパクトを与えました。

Empire Earthの未来時代の設定は非常に銀河帝国軍の設定に大きな影響を与えました。
戦争の形態はあくまで現代の延長線上にあり、現代よりも遥かに進んだテクノロジーを持つ世界で
無人兵器が登場していたとしても、生身の歩兵や生身の人間が操縦する戦車が戦場に出続けるという設定に非常に魅了されました。
Empire Earthの未来の世界観では兵器は火薬や実弾を用いないレーザー兵器が主流になりつつありますが、あえて銀河帝国では実弾が戦闘の主軸として残り続ける事になりました。

Armored Core



銀河帝国軍の大型ロボット兵器が必ずしも二足歩行にこだわらないのはこのACの影響が強いでしょう。
帝国軍の大型パワードスーツは用途に応じて装輪式、装軌式、馬型四脚、箱型四脚、二足歩行と多様な足回りを装備しています。
ただし、銀河帝国軍のロボット兵器の拡張性はACほど高くはなく、工場出荷状態と異なる足回りを搭載できる例は非常に稀です。

(銀河帝国軍のロボット兵器はモビルスーツやACのような空中機動ができず、帝国軍のロボット開発力のレベルはこれらの作品の国家よりも低かったりします。)

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday