tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

東方鉄飛船BPの世界観0316

東方鉄飛船BPの世界観0316
Mokkoriland_2016020503403943b.gif

去年2月にお伝えした内容に加えて最新の情報を提供させていただきます。

現実の北海道との違い
現実の北海道では道民人口約500万人に対して札幌市の人口が約200万人、といった具合に札幌市に北海道の人口の四割が集中する人口分布になっていますが、モッコリランドの総人口は現実の北海道よりも多く、アリモッコリ王国領の人口分布は現実の北海道と同じであるのに対して、東部諸国の人口はいずれの国も現実の数倍という設定になっています。
しかしながら、最大の人口を持つのはアリモッコリ王国であり、軍事パワーバランスも東部諸国が結束してようやくアリモッコリ王国と対等であるという比率になっています。

アリモッコリ王国
モッコリランド西部全域を支配する国家で、首都のサッポロッペ、旧都ハカダーテ、ヤムワツカナイ、ナヨロスク、チュッペツ、エヤミ、ソープラチペツ、ユーパロ、オタオルナイ、モルエラン、トマコマナイ、ダテ、シコツなどの多数の都市を擁します。
国家規模はモッコリランド最大で、水のクリスタルと風のクリスタルの管理権を持ちます。
建国者であるアリモッコリⅠ世は現クシロスク領のラカン湖の村落の生まれであり、東部地域をまとめあげてラカン王国を建設し、その後西部を支配しハカダーテを首都とするドスケベア王国(旧王国)をサッポロッペの戦いで下し、初のモッコリランド統一国家(新王国)を成立させました。
しかし、アリモッコリⅠ世がサッポロッペ(当時は人口数万の片田舎)への遷都を決定すると、かつての戦友はみなアリモッコリⅠ世に反旗を翻し、東部諸国は新王国から離脱して散り散りになってしまったのでした。

長らくアリモッコリ王国は絶対王政を堅持してきましたが、現国王がアリモッコリ憲法を発表したことによって王国は立憲君主制へと移行したのでした。

オベリスク合衆国
モッコリランド中部~東部にかけて広がるトカプチ平野を支配する国家で、火のクリスタルの管理権を持ちます。
かつては酪農を主産業とする国家でしたが、火のクリスタルの搾取技術の発明により産業革命に成功し、
重工業を主体とする先進的な工業国へと変貌を遂げます。
トカプチ地方は百年前における口蹄疫の大流行でもっとも深刻な被害を受けた地域でした。
多くの酪農家が家畜を殺処分することを余儀なくされ、ある農家は牛を買い直すために膨大な借金を抱えて子孫にまで残す羽目になり、またある農家は生計を立てるために大麻の栽培に手を出しました。
オベリスク合衆国で一党独裁体制を堅持するオベリスク共和党はこういった民衆の抱えるトラウマにつけこんで恐怖を煽って権力を掌握したのでした。

都市国家クシロスク
モッコリランド南東部を支配する都市国家で、クリスタルの管理権を持ちません。
クシロスク領土に広がるクシロスク湿原は交通に不便で、かつ自生している植物から毒性のガスが発生するため
陸路からのアクセスは海路経由よりも難しいという特異な地理条件を持っています。
クシロスクとトカプチ諸国は火のクリスタルの継承権を巡って五世紀間にわたり激しい軍事衝突を繰り返しており、
数年前のオベリスク=クシロスク戦争(オーラポロ動乱)ではオーラポロ独立のどさくさに紛れて
オベリスク合衆国へ戦争を仕掛けるも、頼みの綱であったアリモッコリ王国にはしごを外されたことによって惨敗します。
(「はしごを外された」というのはあくまでクシロスク側の主観的な立場からの表現)

都市国家アヴァシリッツ
モッコリランド北東部を支配する国家で、世界最大の刑務所であるアヴァシリッツ刑務所を擁しており、
他国からの囚人の受け入れ事業はアヴァシリッツ財政において大きなウェートを占めています。
アヴァシリッツ市の近隣にはモベツ市とヌプンケシ市が存在します。
同国の政治中枢はアヴァシリッツ市でありながら、経済の中心はヌプンケシ市であり、最大の人口を持つのもヌプンケシ市という少し変わった国家です。
これは国家としてのアヴァシリッツがオホーツク諸都市国家の合意の元誕生した連合国家であるという歴史背景からなっています。
かつてのオホーツク諸都市は土のクリスタルの管理権をめぐって激しく抗争してきましたが、都市国家クシロスクやオベリスク合衆国という強大な外敵の誕生により互いに手を取り合う道を選んだのでした。

都市国家ニモーロ
モッコリランド東端部を支配する都市国家ですが、物語開始時点では非常に危機的な状況にあります。
ニモーロは東部唯一の君主制国家であり、アリモッコリ王国のような立憲君主制国家ではなく、現実世界で言う絶対王政に近い政治システムになっています。
他の都市国家では兵役義務がない(アリモッコリ王国)、長男坊は兵役免除(オベリスク・アヴァシリッツ)、兵役は男性のみ(クシロスク)となっているのに対して、ニモーロではすべての男女が兵役検査の対象となります。これはニモーロが他国に比べて人口が少ないためです。
初代国王はアリモッコリⅠ世によってハカダーテから追放された旧王族であり、都市国家ニモーロはドスケベア王国の正当な継承者を名乗っています。
口蹄疫大流行で経済が壊滅した都市国家ベッ・カイエを救済するために併合したことによってニモーロ財政はますます苦しくなってしまったのですが、国民はこの決断を批判するどころか熱烈に支持しました。

オベリスクやクシロスクの議会制民主主義があらぬ方向に向かってしまったのに対して魔族に制圧される前のニモーロは(貧しいながらも)おおむね平穏であった事から、アリモッコリ王国では「議会制民主主義不要論」を提唱する学者までいます。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday