tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

24式UMT ジョーカー 設定2017

24式UMT ジョーカー 設定2017
20110711215034.png
2012年の記事でも設定についてご紹介していきましたが、その他の機体の設定刷新に伴って24式UMTの設定について更新していきたいと思います。
罫線で囲われている部分は旧設定です。

【概要】
名称:24式UMT (NATOコード:ジョーカー)
全高:52m 重量:少なくとも200t以上 乗員:1名
動力:メインは核融合。補助としてパーツ単位でハイブリッド機構(E機関)。

24式UMTは銀河帝国軍の大型戦闘パワードスーツの一つ。
最新機種ではないが、銀河帝国でもっとも普及している年式である。
UMTシリーズはその多目的同時交戦能力と、索敵能力の高さから『戦場支配兵器』と呼ばれた。


Legend of Tankでは拠点防衛兵器として登場し、東方鉄飛船FFの設定では単独で多目標に対応可能であることから地球軍から「歩くイージス艦」と呼称された事になっていました。
その割にはレーダー機器があまり搭載されておらず、乗員一名という運用体制もこの24式UMTの現行のコンセプトと釣り合いが取れていないため、将来的に刷新していこうと思います。
Legend of Tankでの24式UMTのような低機動力の防御兵器というコンセプトもティアマットや85式防護兵が継承してゆくことになります。

UMTという名称
UMTという名称はUnmanned Trooperという語の略語で無人操縦可能な機体を指す記号でしたが、銀河帝国軍のロボット兵器のうちいくつかはUMTに属していなくともAI自律操縦・遠隔操縦が可能なため現在では意味を持たない語となってしまいました。
新しい適切な名称も戦車物語の発表までに考えておきたいと思います。

【武装】
戦車や戦闘機のように固定武装と言うものを持たず、
状況に応じて専用のタワークレーンまたはクレーン車によって武装の積み替えを行う。
UMTシリーズの専用装備であるミサイルパックは、対戦車ミサイル・対空ミサイル、
対艦ミサイル・戦術核・戦略核と多種多様な梱包が用意されており、
中身を使い切った場合は発射機ごとパージして使い捨てる。
自衛用の大口径ガトリンク砲が搭載可能で、敵歩兵の肉薄攻撃を防ぐため
脚部に対人指向性散弾タイルを貼り付けることができる。



現行での24式UMTのコンセプトは移動レーダー兼ミサイル発射機であり、武装はセイントパージや対艦ミサイルのほかは、対人・対空で転用可能なガトリンク砲をメインアームとしていきたいと思います。
Sマインの運用は可能ですが、そもそも敵歩兵に張り付かれるような運用はしない前提です。

【装甲】
フルグレードのものは、120mm滑腔砲の直撃にも耐えるほどの重装甲を持つが
空挺投下タイプのものは装甲が軽量化されているため、105mm砲程度までしか耐えることができない。


全タイプ空挺降下可能でヘルトルーパー並の軽装甲とします。

【AI】
基本的に有人操作で運用されるが、クルー負傷や飽和攻撃に備えてAIによる自動操縦機能が備え付けられている。
AIには敵の攻撃パターンを学習する能力があり、ネットワークを通じてほかの機体とリアルタイムに共有することができる。


これも操縦をAIに任せるのが非常に難しい機種であることから、操縦サポートは実装するものの基本的に有人操縦であるとします。
自動学習能力については未定です。

【エイリアン戦争における24式UMT】
24式UMTは完全無欠で、地球軍はこの兵器に為すすべはまったくないと思われていたが
地球軍は24式UMTの探敵レーダーが非常に鋭敏であることを逆手に取り、電波戦とデコイを用いて
無駄にミサイルを消費させ、ミサイルパック交換中の隙にトマホークなどの
対地ミサイルを大量に突入させるという戦術を用いて地球上に展開する24式UMTを次々撃破していった。
この作戦は、複数の箇所から発射されたミサイルをほぼ同時に同じ目標に着弾させるという
非常に複雑な作戦であったことから、『ジャスト・イン・タイム作戦』と呼ばれた。

またアメリカ人の少年がエイリアンのネットワークをクラックしてシステム設計図を入手すると、
米軍は24式UMTの自己学習ネットワークに侵入して誤った情報を送り込み、
いくつかの24式UMTを乗っ取り銀河帝国軍を攪乱することに成功した。


新性能諸元
名称:24式BNS(Battlefield Network System) (NATOコード:ジョーカー)
全高:52m 重量:120t(ミサイルパック除く) 乗員:4~5名
機長兼ミサイル発射手、操縦手兼射撃手、対空監視手、対地上水上監視手、予備(通常時は搭乗しない)
動力:メインは核融合※。補助としてパーツ単位でハイブリッド機構(E機関)。
トランスミッション:オートマティック
標準武装:セイントパージなど各種ミサイルパック、30 mm 6砲身ガトリング砲
オプション武装:105mm速射砲、120mmマニピュレーターガン(拳銃の形状)、Sマイン

※核融合炉は銀河帝国ではパワードスーツ向け動力としては非常に貴重な存在だが、機体のコンセプト上
排熱や排ガスの隠しきれない燃料内燃機関を使用できなかった。
余談だが銀河帝国本土の電力のほとんどを賄っている原子力発電所の大部分は核分裂方式であり、帝国に無数にある老朽化した核分裂炉が毎年のように事故を起こすが報道管制により隠蔽されている。

対オーバーレベル兵器戦闘
銀河帝国軍には自身の文明レベルを上回る兵器(例えばガンダムやザクのような立体機動が可能なモビルスーツ)が出現した時のための切り札として配備されているものが存在するが、めったに使われない。
核攻撃に耐久可能な二足歩行式の狙撃専用機も存在しているが、大部分は先進艦隊で調達されており第八艦隊のような後発艦隊ではほとんど存在しない。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday