tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

85式防護兵

85式防護兵

Type 85 Defender "Guardian"
85dfstrp.png
▲東方鉄飛船FF仕様。戦車物語向けでは塗装などが刷新されているが、現在はまだ非公開。

概要
85式防護兵はかつてティルアデシミア重工業が製造していた超重パワードスーツであり、現在は新規生産が終了しているものの部品単位では生産が継続されており、帝国軍の外征艦隊(おもに後発艦隊)で稼働し続けている。
旧式ながらも非常に堅牢であり、地球軍の第三世代以降の戦車の120mm滑空砲からのAPFSDS弾を全方位から貫徹阻止することができ、砲弾がサイドスカートの下に潜り込んで転輪が粉砕した例や、マフラーが破壊された例はあっても車体および胴体が貫徹された記録はエイリアン戦争を通じて一度もなかった。
地球軍による85式防護兵の撃破例は、戦車の集中砲撃によって駆動系に損傷を与え、動けなくなったところを空中からバンカーバスターなどの地殻貫通兵器によって破壊したケースや、都市部での遭遇戦で近隣のビルを爆破して瓦礫で埋めたなどまるで怪獣と戦っているかのような大掛かりな作戦の末のものであった。
(一方で、85式防護兵側による自損事故も多く、攻撃から退避しようとして高速道路上に逃れたところ、橋梁が荷重に耐えきれずに崩落するといった事例も見られた。)
非常に堅牢であるが燃費の悪さやメンテナンスにかかる時間の長さ、通行可能な橋梁がベラコイのインフラではほとんど見られないため、シュノーケルを用いて渡河せざるをえないため攻勢では進軍速度が極端に遅く、
超大出力のディーゼルエンジンを搭載している事もあって排ガスクリーナーが劣化する事によって山火事のような黒煙を上げるため、前線では使いにくい機体であった。
(文明レベルの低いベラコイでの戦闘では位置が特定されようとどうという事はなかったが、ナンテコッタや地球での戦闘では誘導兵器の的となった)
これらの欠点により、85式防護兵は艦隊の切り札としては期待されてはいたものの、常駐パイロットも割りてられず、時折習熟訓練のために稼働する程度であった。
(85式防護兵は戦闘における稼働が必要になった時、他部隊の有資格者の引き抜きによって稼働する。)
この85式防護兵を最前線において小回りの効く機体にしたいとの要望によって開発されたのがティアマットであった。

85式防護兵事件(過去記事より抜粋)
ティルアデシミア重工業(85式防護兵を製造していたメーカー)との取引では、本土防衛軍や旧国営艦隊は気前よく最新機種を購入するものの、第四艦隊以降の艦隊は最新機種に興味を持たず旧国営艦隊から払い下げられた85式防護兵のメンテナンス用部品を要求するなど同社から見るとあまり後発艦隊は好ましい顧客ではありませんでした。
これに対して同社が85式防護兵の部品の生産終了を通告すると、各艦隊のオーナー財閥は85式防護兵の部品を生産するための子会社を設立して部品の供給を再開したため、ティルアデシミア重工業がパワードスーツ部品の特許侵害を理由に財閥を告訴して帝国最高裁まで争うという事態に発展しました。
結果としてティルアデシミア重工業は最新型の重パワードスーツの交換部品を85式防護兵と互換性のある仕様で製造・供給するという形で同社と各財閥は和解しましたが、これはパワードスーツ業界に帝国軍への不信感を蔓延させる原因となりました。



武装
武装の規格はヘルトルーパーなどの汎用な大型パワードスーツとは異なっており、24式UMTのようなさらに巨大なモデルのものの規格に合わせられている。
ヘルトルーパーのメインアームでが105mm速射砲である一方、屋外で運用される85式防護兵のメインアームは120mm機関砲であり、120mm機関砲弾の命中精度や貫通力は地球軍の120mm滑腔砲によるAPFSDE弾に比べると劣ってはいたが、劣化ウラン弾頭の質量効果により地球軍の戦車部隊に壊滅的な打撃を与えることができた。
ティアマット向けに開発された203mmグレネードランチャーは85式防護兵向けの「203mm機関擲弾筒」を軽量化したものであり、オリジナルの機関擲弾筒はリボルバー・単発式ではなくマガジン式の三点バースト・フルオート射撃可能な仕様になっている。

性能諸元(仮)
製造者:ティルアデシミア重工業
全高:26.6m
全備重量:1240トン
装甲材質:劣化ウランおよび複合セラミック
武装:120mm機関砲 203mm機関擲弾筒 高振動粒子ブレード(閉所専用) 火炎放射器 Sマイン(対人散弾)
エンジン:34,0000馬力船舶用ディーゼルエンジン(ハイブリッド機構による補助あり)
定員:三人~四人(通常の運用では三人、AIによる補助で定員未満での操縦、無人自律判断、遠隔操作などが可能)
最高速度:80km/h

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday