tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

2016年東方二次創作ゲーム振り返り

2016年東方二次創作ゲーム振り返り

冬コミで東方二次創作ゲームを購入しようと思っていたものの、冬コミ初日が職場の出勤日であることが発覚したため
今年度の東方二次創作ゲーム紹介はここで区切ってしまいます。
今年は東方ぱねたま幻想少女大戦紅しか紹介できず、どちらも数年前に発表されたゲームであったため今年の新作ではありません。

両作品は原作要素と作品そのもののゲーム性をよく両立させた作品であり、東方原作の弾幕要素をSTG以外のジャンルに盛り込もうとすると整合性のないものになってしまいがちなのですが、『東方ぱねたま』ではゲームそのもののルールと原作弾幕がよく共存しており、また『東方少女大戦紅』ではキャラクターの攻撃アニメーション、ボスキャラクターのバリアゾーンとしてのスペルカードなど、ス○ロボの雰囲気やルールと原作の弾幕をよくマッチさせた事が非常に高評価です。
紹介できた作品の母数は前年度に比べると激減してしまったものの、そのぶんかえって少数精鋭で紹介してゆけたと思います。

オンラインで頒布された今年の新作のものに関しては、今年春季の東方18禁ゲームの攻勢と夏期の東方冥界伝がありました。
ところが、今年発表された東方18禁RPG・SRPGというのはストーリーそのものが短かったり、または登場する原作キャラクターが少ないなど小粒なものが多く、夏期に登場した東方冥界伝はスペック上は本格的なものの、ストーリーの単調さやHシーンの総数の不足により当初期待したほどのものではありませんでした。

全年齢分野についてはベンチマーキングが疎かな年になってしまいましたが、一方でオンラインでの18禁分野の盛り上がりは過去に例を見ないほどのものであり、ようやく東方18禁RPG・SRPGの小型なプロトタイプが出揃ってきたというところでしょう。

今年上半期は東方18禁RPGが多く発表されたがために、水面下で製作計画を進めていた多くの作者さんにとって衝撃を与えた年でもあったと言えるでしょう。
上半期に発表された東方18禁RPGのうち、DLsite上では好調なもので1000本程度にとどまっており、これは東方二次創作界隈にある「東方二次エロは売れない」という間違った認識をますます強化してしまうのではないかと危惧しています。

東方鉄飛船BPはこれまでの(非東方を含む)18禁RPGとは大きく異なり、あくまでストーリーをメインとして、Hシーンをスパイスとして機能させてゆくという「18禁のRPG」であるというコンセプトのもと開発されており、これまでのHシーンの収集に従属した同人18禁RPGとはまったく異なるものです。
これを販売本数2000本~6000本台の中堅層にぶつけるつもりで作っています。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday