tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

DL同人における深刻な市場汚染

DL同人における深刻な市場汚染

本日はツクールの技術的なお話についてではなく、各ダウンロード販売サイトで進行中のとある事象についてお話したいと思います。
18禁RPGというジャンルを中心に同人作品ダウンロード販売サイトにおいて、とある同人サークルを母体に発生した作品を粗製濫造し市場の健全性を害する集団が存在することが話題になっています。
当該サークル群を『特定サークル群』と暫定的に呼称させていただきます。

一体何がどう問題なのか?

『特定サークル群』の個々の作品の傾向は以下のとおりです。
・戦闘のバランスが悪い
・ユーザビリティが悪い
・シナリオが稀薄である
・Hシーンの絵には力を入れており、シチュはそれなりに多様
・プレイヤーの購入後の評価がやや低い傾向にある
・1作品あたりの販売本数は2~3桁程度である(当たり外れが大きい)


以上の概要だけ見ると何の変哲もない18禁RPGの製作サークルにしか見えませんが、問題はこれらの制作が組織的に行われており、一般的な同人サークルとはかけ離れた頻度で新作を発表しており、新たなサークル名義を立ち上げながら無尽蔵に増殖中である事です。

違法性はあるのか

この『特定サークル群』の作品は各ダウンロード販売サイトで掲載されている以上、事前の審査を通過しているので違法性はほぼ皆無であると言えますが、この特定集団の行っている行為は市場どころか界隈そのものに致命的な打撃を与えかねないと想像できます。

知識のないプレイヤーが犠牲になる

体験版でプレイしてゲームとしてのクオリティを判断できるプレイヤーからしてみれば『騙される』ほどのものではなく、『特定サークル群』の作品である事を承知した上で購入するのは自己責任なのでそこに問題は何も無いのですが、問題は判断力のないプレイヤーが良質な作品を手にするチャンスから遠ざけられることです。
これらの作品の登録申請は各ダウンロードサイトの利用規約に合致したもののため、部外者が干渉する権限はないのですが、逆にこのような形態の作品リリースを容認することによって販売サイトの信頼性を損ねる危険性さえあります。

その組織の形態とは

かつて『特定サークル群』の一員であるとされてきた各ダミーサークルおよびその作品には共通の特徴があり、知識のあるユーザーは簡単に見抜くことができたのですが、最近は法則に当てはまらないが極めて似通ったサークル・作品の出現が報告されています。
これは旧本体から直接的に派生した『直営店』と外部に最低限のノウハウを伝達して設立した『フランチャイズ店』が混在し出してきたためではないかと推測しています。

イーグリ設計局

とり飯・イーグリ設計局は自己資本率100%で作品制作にあたって外部からノウハウの指導を受けておりません。
これは、2012年から一貫して公開し続けてきたとり飯白書でも明らかにしていることです。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday