tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

鉄飛船BP、そのコンセプト(2)

鉄飛船BP、そのコンセプト(2)
抜き効率だけではRPGとしては成立しない
CmL0dSNVEAAbEHN.jpg

鉄飛船BPの開発は相変わらず難航しておりますが、一刻も早くお待ちいただいている皆様にご提供させていただけるよう、尽力いたします。

抜き効率に特化したものはやがて飽きられる

これはあくまで自分自身の体験に基づくものなのですが、DLsite上の18禁RPGで初めてプレイしたのは『ハルウル』で、プレイしていた当時はH行為を重ねる度にどんどん淫欲へ堕ちてゆくヒロインというものに深くハマっていました。
この『ハルウル』が自分自身をユーザーとして、また制作者としてこの界隈に引き込んだわけですが、それ以降はいかなる作品をプレイしていてもこの『ハルウル』の時と同じような感動が得られた作品はほとんどありませんでした。
これはハルウル以降の作品がハルウルに比べて劣っていたというわけでは決してなく、18禁RPGそのものが持つ中毒性はプレイする作品が増える度に耐性が身についてしまい、最終的には従来どおり時間のかからないエロ動画やエロ静画に回帰してゆくのではないか、と考えます。

プレイヤーを飽きせないものとは

今年度上半期の18禁RPG市場は前年度以前に比べて著しく低迷しており、発売直後に販売本数1,000本を超えられる作品が珍しくなりました。
ここ最近でDLsiteの18禁RPGで強く印象を与えられたのは、フル英語作品の『Slice of Venturer』と『アンチバタフライエフェクト』、いずれもDLsiteの売れ筋とは大きくかけ離れたものですが、
前者の『Slice of Venturer』は海外ならではのダイナミックなHシーン、後者の『アンチバタフライエフェクト』はプレイしているとついつい先が気になってしまうストーリーが大きな魅力でした。
大多数のユーザーがこのように18禁RPGに斬新さや、引き込まれるストーリーを望んでいるかどうかはわかりませんが、現状の18禁RPG市場の低迷を打破する鍵となっているのは、エロ要素も含めた『斬新な』付加価値ではないかと考えています。

後退しつつある強豪組

かつてここ数年にわたり新作を出す度に販売本数四桁をキープしてきたサークルにも陰りが現れてきました。
従来シリーズのノリを堅持したまま新作を出すとクオリティが前作より向上していても販売成果は伸び悩む、というケースが多く見られます。
おそらくは、DLsiteをはじめとするダウンロード販売サイトにはアクティブなユーザーが数万人ほど存在しているものの、新規顧客の増加に乏しく、前作と代わり映えをしないものを出せばおそらくは3作目あたりで飽きられてしまうのではないか、と想像しています。

物語のスパイスとしての18禁要素

そんな中で東方鉄飛船BPが目指したものは「18禁RPGとは18禁要素がRPGに従属したものである」との独自の作品哲学です。
凌辱Hシーン・衣装変更・全裸歩行・街でのモブ相手の売春など売れ筋の18禁RPGに求められる要素をすべて持ちあわせながらも、とり飯の伝統的なRPGとしての体裁を乱さないというコンセプトです。
すべての18禁シーンはあくまで物語の一部であると位置づけられています。

また、現在日本戦争ゲーム開発で開発されている橙天の銀翼も近いコンセプトであるようで、当初はまったく違う道を歩んでいたかと思いきや、どちらも全年齢長編RPGからの進出であるがゆえに同じ経過をたどることになったのだろう、と考えています。
(ただし、Hシーンの傾向は大きく異なり、BPは陵辱・ハードコア重視であるのに対して銀翼はいわゆる純愛系に属する模様です)

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday