tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

WWII英雄列伝 最強の虎 クルト・クニスペル

WWII英雄列伝 最強の虎 クルト・クニスペル
WWII英雄列伝 最強の虎 クルト・クニスペル
▲クリックするとDLsiteへ
Knispel2016_06_14 (40)

カリウスに続いて日本戦争ゲーム開発全年齢SLG系最新作のクニスペルの特集です。
本作はドイツ軍戦車エース群において最多の撃破記録を持つクルト・クニスペルの入営からその生涯を描いた作品で、日本語圏におけるクニスペルについての情報は非常に乏しく噂に尾びれをつけたキャラ付けがなされる事が多いのですが、本作はsaizwongさんが文献にあたってより深く掘り下げて調べて作っています。

クニスペルはカリウスに比べて短期間であちこちを回っており(レニングラード戦・スタンリーグラード戦ともに従軍)、西部戦線に回されたのちも生還して東部戦線に異動します。
そのため、カリウスのように時期ごとに「~編」と決めるのが難しいので今回は時期による区分はなしとさせていただきます。

knispelmap2016.png
▲スターリングラード戦に参戦するもすでに敗色が濃厚だったためマイコープでの戦闘に参加してUターン。
中欧・東欧こそがクニスペルの主戦場である。

Carius2016.png
▲カリウスの再戦マップ。レニングラード戦を終えてから長らくエストニア・ラトヴィアに留まっていたため移動範囲はクニスペルに比べて狭い。

『詰将棋』から『SRPG』への変貌
Knispel2016_06_14 (21)
Knispel2016_06_14 (44)

ヴィットマン~カリウスまではステージ間でパーティを強化できるような余地はほとんどなく、主人公にボーナスポイントを割り振るのみしか戦力を強化する方法がなく、レベリングの必要性はなく与えられた手駒だけでステージの目標を制覇する詰将棋のようなゲームでした。
ところが、クニスペルでR-18シリーズのへべれけ!・はばるばろっさ!より諸々のシステムを流用し、小隊車のクルーの編成が可能になったことと、兵士に装備させる装備を自前で開発・配備できるようになり、ステージの進行的にはスパロボ的な『全滅稼ぎ』が可能になった事で、これまでの詰将棋のようだったWWⅡ英雄列伝シリーズはSRPGらしさを帯びるようになりました。
命中率の内部処理やスキル体系が変わったことにより、これまでのリアルさ重視路線から舵取りを変えたようです。
なお、R-18系同様に鹵獲兵器の運用も可能になり、特にM5スチュアートとT-34 1943年型は機動性に優れているため、元々あまり軽快とはいえないのに終盤になると重戦車が増えてますます機動性が低下しがちなクニスペルたちの痒いところに手が届く便利な兵器です。
機動性の優れた戦車に「突貫」スキルを持ったクルーを乗せると、草むらに隠れた見えない歩兵や戦車を手っ取り早く蹴散らすことができます。
ソ連軍のBL-4 203mm榴弾砲、ZiS-3 75mm砲、BM-13カチューシャは優秀な兵器であり、鹵獲する事ができれば自前での開発・調達コストを浮かせることができます。
しかしながら、ソ連兵器は全体的に自走不可能なものが多くて機動性に難があり、銃器の性能も史実より早期に開発可能なStG44があるため、ソ連サイド(へべれけ!)に比べて鹵獲によって受ける恩恵が小さいのはばるばろっさ!同様と言えるでしょう。
戦車はティーガー、ケーニヒスティーガーのポルシェ砲塔とヘンシェル砲塔型が各一台ゲームの進行とともに無料で入手できるため、へべけれ!のように敵戦車の鹵獲に躍起になる必要性もありません。
ただし、先述のT-34 1943年型はそこそこに優秀な防御力と機動性を併せ持つため、敵の軟目標の掃討にかなり貢献します。

なお、編成の自由度が上がったことで、ステージで勲章を獲得するための条件はよりシビアになります。

みどころ

Knispel2016_06_14 (38)
Knispel2016_06_14 (8)

本作でキャラクターの立ち絵を担当している方は、なんと東方鉄飛船FFの幻想グラビアの大半、東方鉄飛船BPでHシーンを担当していただいているMIGさんです。
東方鉄飛船FFの頃から男性キャラクターのキャラクターデザインの需要は存在していてはいたのですが、鉄飛船FFではあれぐろさんに、鉄飛船BP・戦車物語では紅音高鈴さんにお願いしてしまったためエネミー以外でMIGさんのデザインしたキャラをなかなかお披露目できる機会がありませんでした。
特に男性キャラクターに関しては今までに仕事をお願いしてこなかったのを後悔させてくれるぐらいに気合が入ってます(笑)

クニスペルの噂と実態について/The Wizard of Science
▲作者さんのブログに飛びます

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday