tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

18禁RPGに本当に必要なものとは

18禁RPGに本当に必要なものとは
近年の似非RPGに疑問を投げかける

一部はまるでVIPツクールスレのネタゲー

従来の18禁RPGというジャンルでは本格的な中編以上のRPGとしてデザインされたものか、
または短編で戦闘やシステムなどは最小限に抑えたものというものが大部分を占めていましたが、
ここ最近には「RPGとしての体裁」すら切り捨てた「見るだけゲー」に特化した作品も出現してきています。
この「プレイする部分」ではなく「見る部分」に重きをおいたゲームはかつてのVIPツクールスレのRPGツクール2000の短編コント劇場を彷彿とさせます。
いずれの形態の作品にあっても、世界はプレイヤーが効率よくHシーンを回収するためのテーマパークとしてデザインされている傾向にあります。

RPGには「物語性」が必要

ところが、自分は従来の傾向には非常に疑問を抱かざるを得ません。
H要素に注力すれば売れるという市場のため、世界観の設定や戦闘バランスに投入されるリソースがフリーゲームのそれに劣るというのは、お金をもらって提供するRPGとして果たしてそれで良いのかという気になります。
また、十数ページしかないようなエロ同人誌であれば、ヒロインが初体験から堕落してゆくまでの展開を急ぎ足で描写せざるを得ないのは理解できますが、RPGという媒体でそのような進行を踏襲するのは果たしていかがなものか、と常々疑問に思っています。

あまりにもオカズに特化したエロ同人誌たち

去年にかけて例大祭・コミケなどで取材のために購入していた東方の18禁同人誌の大部分は、オカズとしての機能を重視するあまり物語性があまりにも軽視されているという点が目につきました。
RPGという媒体においては、エロ同人誌とは違い長大なストーリーを内包する余地があるため、原作の流れとの自然な結びつきを重視したエロ「RPG」としてのストーリーを志向してゆくべきだと感じます。

鉄飛船BPは市場の異端児

東方鉄飛船は2012年に発売したハルウルを基本的には踏襲するものの、前作の東方鉄飛船FFからアンチレベリングと戦術重視のゲームデザインを継承し、第一ヒロインに着せ替えコスチュームと登場Hシーンを集中させない(鉄飛船BPでは暫定的に咲夜が第一ヒロインとされている)という非常に挑戦的なコンセプトとなっています。
また、ハルウルでは単一の街を拠点とするごく狭い世界観で父親を探し出すという目的のためにヒロインが動くストーリーであった一方、鉄飛船BPでは北海道をベースとする世界観でその行動範囲は北海道でいう北は稚内、南は函館、東は根室までと非常に広範囲に及びます。

個人的な好みの話

自分としては18禁RPGをプレイするにあたっては、Hシーンよりも着せ替えコスチュームのほうにむしろ関心があるので、
Hシーンはオカズとしての機能にばかり特化してゆかず、物語を盛り上げるためのエッセンスとして機能させていきたいなと思っています。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday