tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

鉄飛船BP、そのコンセプト

鉄飛船BP、そのコンセプト
BP20160212.jpg
▲劇中で語られる紅美鈴懲戒解雇事件、フランドール・スカーレット幽閉、十六夜咲夜とレミリアの出会い、美鈴と自機勢の前哨戦、そして紅霧異変。

キャラゲー要素の強化

東方鉄飛船BPの前作から見ての大きな変化点は、登場キャラクターの総数を絞ったことによるキャラゲー要素の劇的な強化です。
東方鉄飛船FFでは東方二次の初作品でありながら、登場キャラクターを紅魔郷から星蓮船にまで幅広く登場させてしまうという無茶のあるゲームデザインにより個々のキャラクターの描写がおろそかになってしまったという問題がありましたが、
登場キャラクターを紅魔郷に絞ったことにより、より綿密なキャラクターの描写を実現できる見込みです。

特に大きな要素は、Hシーンとは別に紅霧異変以前の過去の回想シーンが設けられたことです。
Dark of AgeやLegend of Tankの頃には少なくともこれらのシーンが含まれていましたが、
東方鉄飛船FFは過去の回想が皆無であるというあまりにも淡白すぎるストーリー進行でした。

なお、回想の内容については独自に解釈したもので、求聞史紀はあくまで一つの参考資料の一つであると距離をおいたうえでの設定のため、あまり求聞史紀には忠実な内容ではありません。

異世界舞台の設定充実

Mokkoriland_2016020503403943b.gif

東方二次創作で幻想郷を舞台としないものはそれなりに存在していますが、これまでにこれらの作品にいくつか触れてきた経験からいうと、キャラゲー要素を損ねることを恐れたためか、異世界の設定の作りこみがあまりにも浅すぎる傾向にあるように見えました。
一方で、東方鉄飛船BPの世界観であるモッコリランドは、現実に存在する都道府県の地理をそのまま借用しています。
西部に関してはほぼ全域がアリモッコリ王国領であり、同国の首都であるサッポロッペ周辺の都市はそれなりに規模が大きくても省略されてしまうというアバウトな設定になりましたが、東部はそれぞれが一つの国家として成立しており、行政区分上の『市』はすべて劇中に登場させる事ができるようになりました。
他には、SP回復アイテムの黒い恋人や、HP回復アイテムのジャガイモ、玉ねぎ、サーモン、上級装備品のコクシムソウなどアイテム名にご当地ネタをふんだんに盛り込んでいます。
(まったく関係のないものもありますが…)

BPWorld.png

また、国家間の関係もファンタジー的な世界観との兼ね合いも考慮しながら、どことなく現実の国際社会のような雰囲気を匂わせる国家関係としました。
レミリア達は世界最大の軍事力を持つアリモッコリ王国の庇護のもと、フランを探すために各地へさまざまなミッションへと出かけますが、国際的な問題により、なかなかスムーズに事が進まないこともあります。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
東方鉄飛船 -Flying Fortresses Over The Sky-

WWII英雄列伝 泥の中の虎 オットー・カリウス

パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~

 
リンク
 
スポンサードリンク
 
カテゴリ
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
スポンサードリンク
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday