tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

速報:紅魔郷Hard初クリア

速報:紅魔郷Hard初クリア
本日、紅魔郷Hard(恋符魔理沙)を初クリアしました。
CMDT-jUUsAA0QSz.jpg
Hardリプレイ(.rpyファイル)

HardやExtraに挑戦してゆく過程で、各機体のショットやボムの性能と特性をちゃんと理解しないままNromalをクリアしていた事に気が付きました。
ホーミングアミュレット以外の装備は攻撃範囲が狭いため、道中のパターン化ができていないとザコ妖精などを迎撃する上で非常に苦労しますが、
ある程度ステージの習熟が進むと、ホーミングアミュレットの攻撃力の低さが足を引っ張ってボスを倒しにくいという問題を意識するようになります。
特にExtraステージではゲーム時間の大部分がボス戦であるため、接近すれば高速でHPを削れる封魔針や正面で捉えられれば距離に関係なく効率よくHPを削れるマジックミサイル、イリュージョンレーザーのほうがクリアしやすくなります。

以下、ボムの性能についてのまとめです。

◆夢想封印
与ダメージ・弾消し性能・持続時間すべてのバランスが取れたボム。
夢想封印特有の弱点というものは無いが、長点もない。

◆封魔陣
与ダメージは低く、密接撃ちで威力が上昇する特性はあるものの決め手になりにくい。
画面内の敵弾を一瞬ですべて消滅させる効果があるが、持続時間が短いため
発射頻度の高い美鈴の極彩颱風や咲夜のエターナルミークとは相性が悪い。
また与ダメージも低いため咲夜の通常攻撃とは相性が悪い。
一方、発射頻度の低いレミリアのスカーレットマイスタや紅色の幻想郷、フランのカゴメカゴメ・カタディオプトリックとは相性がよい。

◆マスタースパーク
最も長い有効時間、距離が離れていても極大のダメージ、画面全体の弾消しとスペック的には非常に優秀だが
大きすぎる威力と長すぎる有効時間が時として足を引っ張る事も。
例えば、レミリア戦においてはスカーレットマイスタの最初の大玉自機狙いを放ってきた直後に撃つと
レミリアを無防備にした状態でショットでとどめを刺す事ができるが、
少し粘ってから撃つとそのまま倒してしまい、紅色の幻想郷での初動のHP削りができなくなってしまう。
また、紅色の幻想郷では、マスタースパークの有効時間と紅色の幻想郷の1クールの長さが一致しているためか、
レミリアが多めに大玉を撃ってきたタイミングで撃つと、マスタースパークの有効時間が終わった途端に
また多めの大玉が迫ってくるという事態になってしまう。

マスタースパークの有効時間を利用したテクニックとして、恋の迷路の1ボム強行突破という技が存在する。

◆スターダストレヴァリエ
密接撃ちでマスタースパーク以上のダメージを与えることができるが、
弾消し性能は夢想封印未満で、ボスから離れていれば大したダメージを与えることができない。
そもそも密接撃ちが可能なのは大抵スペカ詠唱開始時のみなので、予め決めボムをするスペカを決めておいて、
面倒なスペカの詠唱開始直後に撃ってHPを減らし、早期決着をつけるという使い道になる。
(ただし、咲夜のエターナルミークやレミリアの幼きデーモンロードのように詠唱開始時のHPが低い場合は
 密接撃ちのダメージとショットの威力でそのままスキップ可能)
マスタースパークのように移動速度低下の副作用がないのが救いだが、霊夢のボムにももちろん無い。

現在の未取得スペルカード

レミリア ◆スカーレットマイスタ H/L
レミリア ◆紅色の幻想郷 H/L
フラン ◆恋の迷路 Extra
フラン ◆スターボウブレイク Extra
フラン ◆そして誰もいなくなるか? Extra
フラン ◆495年の波紋 Extra

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday