tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

S-X計画案

S(Shooting)-X計画案

もし将来イーグリ設計局でUnityを導入するならば、東方Projectをベースにした弾幕STGを作りたいなと考えているのですが
本日はその詳細な中身についてお話していきたいと思います。

2011年の東方鉄飛船FFの原作実習から始まってこれまで東方原作をプレイしてきましたが、S-Xでは東方特有のワイドなフィールドや、ユーザーインターフェース、スペルカードの概念はほぼそのまま継承するとして、東方原作において過去に幾度にもわたって変更・廃止された仕様の中からオイシイどころ取りをして自分なりの理想的な弾幕STGというものを形作っていきたいなと考えています。
加えて、東方原作において不足している部分も補足していきたいなと考えています。

紅魔郷のアドリブ弾幕、地霊殿のエクステンド、星蓮船の1機2ボム制

おおまかな概要を先に述べてしまうと、このような感じのゲームです。
東方紅魔郷のスペルカードは(Extraを除いて)弾幕がランダムな挙動をしがちなため、ある程度回数を重ねていても事故りやすいという傾向にあるのですが、一方で以降の作品の弾幕よりは暗記できていなくともアドリブである程度対応しやすいという特徴があります。
(例:チルノのパーフェクトフリーズ、美鈴の彩光乱舞、レミリアのレッドマジックなど)
以降の作品では弾幕の挙動が固定されがちになってしまうのですが、この紅魔郷の弾幕にS-Xのお手本にすべきものが眠っているのではないかと思いました。

紅魔郷はエクステンド可能回数が以降の作品に比べて非常に少なく、これらのアドリブ要素の大きな弾幕はクリア重視プレイでは嫌われて決めボムの対象となりやすいのですが、
エクステンドの仕様を地霊殿(ミスなしでスペカを突破できると残機のかけらを入手可能)にし、1機あたりのボム数を星蓮船の仕様
の2ボムにすることで、抱え落ちのリスクを気にせずにより気合避けに専念できることができます。

オープニングやステージ間に状況を説明するイベントを
実は2011年の原作実習で東方紅魔郷を初めてプレイした時点では、霊夢たちはいったいなぜ紅魔館に向かったのかを理解していませんでした。
のちに、レミリアが幻想郷を常時夜にするため赤い霧で包んだためだと知ったのですが、
東方原作ではストーリーの説明などをゲーム外部のテキスト類に頼っており、ゲーム本編での説明が軽視されている傾向にあるため、
S-Xではテキストに頼らずとも状況を理解させる作りにしていきたいと考えています。
(この点、オープニングをちゃんと設けて状況を説明している天災HeatBeatはかなり秀逸だと思いました。)

自機
習作ですので、あまりトリッキーなものは用意できないため紅魔郷の霊夢AB魔理沙ABに相当する最低限のものだけ用意できればよいかなと考えています。
永夜抄の幽々子・妖夢、地霊殿の魔理沙&にとり、魔理沙&パチュリー、神霊廟の妖夢といったような挑戦的な特徴の機体も入れていきたいのですが、これは将来的な課題としていきたいと思います。

難易度
東方でのEASY・NORMAL・HARDに相当するものを設けます。
Lunaticは作ってる本人がクリア検証できないため作りません(爆)

コンテニューの扱い
ある時期以降の東方原作では、ゲームプレイ中にコンテニューをするとステージの最初に戻されてしまいますが、
紅魔郷同様にコンテニューした地点からそのままリスタートという形にしたいと思います。
当然、リプレイの保存可能・不可能も紅魔郷での仕様に基づく事になります。

サービスショット
コンセプトとしては東方鉄飛船FFの幻想グラビアとまったく一緒のもので、Hardでステージをクリアすると
倒したステージボスの水着グラビアが収拾できるという「ご褒美」を設けていきたいなと思います。
これはかつての商業のSTGやACTにおいて多くの前例があり、シビアな試練を乗り越えたプレイヤーへ達成感を与えるためです。

Unityの3D機能の使い道
東方原作ではフィールドの背景が3Dグラフィックになっており、ゲーム中に背景が動く演出があるのですが
Unityの3D機能はこれを模した演出でのみ使用していきたいと思います。

オンラインでのアップデート可能
これまでのイーグリ設計局のゲームとしては例外的にパッケージ版も含めてオンラインでのアップデートが可能になります。
というのも、最初に出すSTGである以上実験作的な側面が強いため、問題を改善しないまま次回作の開発に乗り出してしまうよりは、
しっかりプレイヤー母数を確保した上でS-Xの時点で徹底的に問題点を洗い出し、しっかり基礎を固めた上で次回作の土台としていきたいためです。

世界観とキャラクター
S-Xは東方紅魔郷をベースとしたSTGではあるものの、名目上は東方二次創作ではないため、世界観とキャラクターはオリジナルのもので展開していきたいなと思います。

すべての記事の一覧を参照する
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
四五,六四事件,發正念,反共,台灣問題,藏区,走私,激流中国,色情,民主【スパム対策】
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday