tmsblogo.jpg
 『とり飯ブログ』は、同人サークル『イーグリ設計局』の附属ブログです。
 

Battlesiegeダイジェスト Bブロック

Battlesiegeダイジェスト Bブロック



Bブロックの特徴は、Aブロックの覇者であるどすこい太郎の欠点である機体強度の脆弱さ(場合によっては長点となるが)を補完し、金属パーツの割合を大きくしたスラマーシンプルボットが登場し、Bブロック制覇はならなかったものの多くの視聴者を震撼させた投擲系マシンDWIが登場した事です。
リッパーの上位互換とも呼べるような破壊系マシンのスピンも登場しており、Bブロックの時点で飛行系を除いてBattlesiege参加マシンの大まかなタイプが出揃ったと言えるでしょう。

BattlesiegeB.png


スラマー VS シンプルボット
BattlesiegeB (3)

低車高で敵を押し出すことに全てのリソースを振り分けた相撲系マシン同士の対決においては、スラマーとシンプルボットの対決が行われました。
シンプルボットは最初の衝突で一瞬だけスラマーを持ち上げる事に成功しますが、エンジン出力・ダウンフォース・機体重量いずれもスラマーに負けていたため二戦連続で判定負けを喫してしまいます。

シンプルボット VS DWI
BattlesiegeB (2)

自らの上部構造を切り離して投擲するというコンセプトのDWIは多くの視聴者に投擲無双の到来を予感させましたが、DWI自体は飛翔体が大きすぎる事と、本体の抑止能力に乏しいためスピード勝負のスラマーやシンプルボットには押し負かされてしまいました。
以降の投擲系マシンは、より小さな飛翔体を飛ばしたり、飛翔体に自走機能や飛行機能を付与してゆきます。

スラマー VS DWI
BattlesiegeB (1)

そして決勝戦でスラマーは持ち前のパワーで異端児DWIを悠々と蹴散らします。
この時誰もが想像はしなかったでしょう。スラマーは決勝戦でも敵を軽々と蹴散らすと思われていたでしょう。
スラマーは投擲系の「怪物」に敗れ去ると…

すべての記事の一覧を参照する
 
 

BesiegeGP 速報0914

BesiegeGP 速報0914

参加マシンの募集締切まであと一週間を切りました。ここで他の参加予定者さんの動向をお知らせします。








二輪車が一般化してきたと思いきや無輪車まで登場し始め、BattleSiegeほどではないものの多様性を見せつつあります。
先日大会主催のdaichiさんよりノコギリ増速ホイールのノウハウが公開されましたが、多くの参加者がこのアイデアを拾って参加マシンに取り込んでいます。
一方で、あまりにもハイパワーすぎるマシンをいかに安全に着地させるかについては参加者ごとの違いが少しづつ現れてきています。
エキシビジョンマッチの試合結果をベースに作った火星14号D型は安定性のみが取り柄の時代遅れな機体であり、20日までに抜本的な見直しが出来なければ記念参加に留まりそうです。

すべての記事の一覧を参照する
 
 

Battlesiegeダイジェスト 予選Aグループ

Battlesiegeダイジェスト Aブロック

名勝負の多かったBattleSiegeでしたが、今回は回別に名シーンを抜粋していきたいと思います。



どすこい太郎 VS リッパー
BattleSiegeA_1.png

記念すべきBattleSiegeの第一戦目でしたが、思い起こせばこの勝負に大会の全時期を通じて普遍であった教訓が隠されていました。
相手を破壊しようとする機体は相手を押しやろうとする機体には勝てないということです。
これ以降にも相手を破壊しようとする機体は多く出現しましたが、その多くは作者が意図したような打撃を対戦相手に与えること無く敗れ去っていったのです。

どすこい太郎VSダークソウカー
BattleSiegeA_2.png

どすこい太郎は大会上位機体に多く見られた「相手を強引に敵陣に押し込む」タイプのマシンですが、大会のごく初期ということもあって洗練されていたとは言い難い機体でした。
敵を受け止める面にグラバーを敷き詰めていたためダークソウカーの回転ノコギリに干渉してしまい、低い機体強度もあって車体が引きちぎられてしまう事態になりました。
ところが、のちのブロックのブルータスのように破片の命中により勝利するという逆転劇を演じます。

どすこい太郎VSゼプーン
BattleSiegeA_3.png

開幕早々、ゼプーンの体当たりがどすこい太郎に深々と刺さり自壊したどすこい太郎はマトモに自走できなくなります。
これは破壊を意図した攻撃が成功した数少ない例と言えます。
一戦目は破片の命中、二戦目は脱落したフライングブロックが敵陣に入り込んでいた事によってどすこい太郎は勝利します。

どすこい太郎VS旋風
BattleSiegeA_4.png
どすこい太郎の天敵は前方に回転機構を持つ敵である事がダークソウカー戦で発覚していましたが、決勝戦で当たったのは四方すべてが回転機構という旋風でした。
しかし、旋風がどすこい太郎を持ち上げた瞬間にどすこい太郎の自壊した破片が赤サイドのボムを直撃し、危なげながらもどすこい太郎はAブロックを制覇します。

あらためてAブロックの試合を整理してみると、どすこい太郎はコンセプト的には敵を陣地に強引に押し込むタイプの機体ながらも判定勝ちや破片勝ちなどが目立つことがわかります。
後発のザ・ウォールやブルータス、ブロウラーは機体強度が大幅に強化されている上に、ブロウラーの投擲、ブルータスのハエ叩き(?)といった独自の機能が増加しています。

BattleSiegeA_5.png
▲敵を破壊することが目的と見せかけて、敵にコケさせられても進路を変えさせられても執拗にボムを目指す粘り強さをもったゼプーン。以降、このような機体のコンセプトの機体は見られなかった。
(中盤以降出現した飛行機体がその後継者かつ上位互換か?)

すべての記事の一覧を参照する
 
 
最新記事
 
プロフィール

ひよこ13/とり飯

Author:ひよこ13/とり飯
Present address
三重県
Self introduction
革命的同人サークル
『イーグリ設計局』議長です。

 
最新コメント
 
更新速報
 
お得な情報
 
DLsiteおすすめ
幻想少女大戦紅 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦妖 オリジナルサウンドトラック 幻想少女大戦永 オリジナルサウンドトラック 鉄道事業戦略 完全版
 
リンク
 
検索フォーム
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
amazonお買い得
 
月別アーカイブ
 
ランキングに投票!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログへ
Top
Copyright © ひよこ13/とり飯 / Designed by Paroday